ハイセンス
「World Cup Official TV」

 ハイセンスジャパンは11月13日、「World Cup Official TV」として、4K液晶テレビ2製品を発表した。12月中旬発売予定だ。

 同社が2018年のサッカーW杯(ロシア大会)のオフィシャルスポンサーとなったことを受けて発売される限定モデル。起動時にはW杯と同社のロゴが表示される。

ハイセンス
正面からはフレームがほとんど見えないフレームセスデザイン。薄さも4.8mmだ

 新製品は、65V型の「HJ65N8000」(予想実売価格25万円前後)、と55V型の「HJ55N8000」(同17万円前後)でともに同社のハイエンドクラスの製品となる。

ハイセンス
「Ultra Color」(広色域)、「Ultra Contrast」(高コントラスト)、「Ultra Motion」(フレーム補完)の3つのベース技術により高画質化を支える
ハイセンス
映像設定画面。サッカーモデルということで「スポーツ」モードを搭載
ハイセンス
オーディオ設定。サラウンドや重低音強調(バス)などの設定もある

 液晶パネルに「KSF」(フッ化物蛍光粉末)を採用することで広色域を実現。DCI-P3(映画制作に用いられる表示規格)の95%の色域をカバーする。

 65V型はバックライトのエリア駆動に対応。高コントラストの映像を表示できる。

 フレーム補完機能もあり、カラーやコントラストを含めてスポーツ表示に最適化する「スポーツモード」を搭載する。

ハイセンス
ハイセンス
動画配信サービスに対応

 HDRにも対応しており、「Dolby Vision」にも対応。また、NetflixやYouTube、ひかりTV 4K、acTVila 4Kなど8つの動画サービスの視聴が可能だ。

ハイセンス
本体下方にスピーカーを内蔵。正面を向いている
ハイセンス
付属のリモコン。丸っこいデザインとなっている

 画面下部にはウーファーとスピーカーを搭載。スピーカーは前方を向いており、ユーザーに対してダイレクトに音を届ける。フロントサラウンド機能も搭載する。

テレビの話から人生の話まで
しゃべり倒したラモス瑠偉氏

ハイセンス
ハイセンスジャパン代表取締役社長の李 文麗氏

 ハイセンス(海信)は中国の大手家電メーカーで、日本には7年前に参入。当初はテレビのみの展開だったが最近は白物家電も日本で発売している。

 日本法人であるハイセンスジャパン 代表取締役社長の李 文麗氏は、日本に参入して7年で100億円の売り上げを達成したとし、このうちテレビが60%を占めていることを明かした。

 現在、同社は130ヵ国に進出しており、オーストラリアと南アフリカではトップレベルのシェアとなっているという。

 近年はテニスやF1、サッカーといったスポーツのスポンサーシップに力を注いでおり、サッカーW杯については「中国の家電メーカーとしては初のオフィシャルサポーター」となったことを強調した。

ハイセンス
スペシャルゲストのラモス瑠偉氏

 発表会では、スペシャルゲストとしてラモス瑠偉氏が登場。

 新製品について「映りがっめちゃくちゃイイ!」と絶賛。「サッカーの場合 ボールの回転がはっきり見える」「色がはっきりしている」と称えた。

 同社がこだわったデザインについても「渋い」と評価し、「渋い男に、渋いテレビ」と自信と相性もバツグンであることをアピール。

 その後、日本の若者に必死さが足りない、という話から、サッカー日本代表の熱意が伝わってこない、いつも誰かのために頑張るべき、親孝行がハングリー精神を生むので家族を大事にすべき、でもクリスマスは(プレゼントを用意しなければならないので)1人のほうがいい、といった話に発展し、最後は「日本代表を信じて応援しましょう」と締めくくった。