ヘッドフォン祭(小林撮影)

 11月3日と4日の2日間、中野サンプラザで開催された“秋のヘッドフォン祭 2017”。イベントの様子は記事でもお伝えしているが、ここでは紹介しきれなかった展示を中心に、年末に向けた注目機種を見ていこう。

ハイエンドは開放型に回帰

 開放型(オープンバック)は10年ほど前には、ハイエンドヘッドフォンの代名詞的な存在であった。最近は、モバイルでの利用に注目が集まっていたので、密閉型が多く発売される傾向があったが、開放型には広い音場や自然な音調といった利点がある。自宅の静かな環境でゆっくりと音楽を楽しみたいという層に向けて再評価が進んでいる印象だ。多くは数十万円のハイエンド機種。一般的なダイナミック型のほかにも平面駆動型や静電容量型など様々な方式がある。一般的なダイナミック型でも振動板素材に工夫を凝らすなど技術面での工夫があり、注目したい存在だ。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
ATH-ADX5000はオーディオテクニカの最上位機種

 ATH-ADX5000は新開発のバッフル一体型で直径58mmのドライバーを採用。約270gと軽い。アルミニウムをベースとした特殊形状のハウジングもプレミアムだ。日本の職人の手による匠のプレス技術を用いている。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
KuRADAのスタイリッシュヘッドフォン「KD-P1」。

 KuRADAのスタイリッシュヘッドフォン「KD-P1」。昨年のヘッドフォン祭でも展示されていた。直径53mmのドライバーを搭載。42Ωで感度は96dB/mW。重量は550g。価格は税抜48万円。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
Klipschのセミオープン型ヘッドホン「Heritage Hp-3」

 Klipschのセミオープン型ヘッドホン「Heritage Hp-3」。参考出展のモデル。直径52mmのFree-Edge Biodynamicドライバーを採用。ハウジング部に使用する木材はウォールナット、エボニー、オークがある。国内発売は現時点で未定だが、海外では発売済。10万円台前半になるのではないかと思われる。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
ハウジング部
ヘッドフォン祭(小林撮影)
イヤーパッドを外したところ
ヘッドフォン祭(小林撮影)
ヘッドフォン祭(小林撮影)
木製ケースもプレミアム
ヘッドフォン祭(小林撮影)
フォステクスの「T60RP」

 平面振動板を使ったプロ用ヘッドフォン「T50RP mk3g」などを販売しているフォステクスは、これをベースとしながら、リスニング向けチューニングを施した「T60RP」という製品を参考展示。重量は380g。ニス塗りで長期間使うことによる風合いの変化も楽しめそうだ。12月中旬発売予定で、価格は3万円前後になるそうだ。

Uktrasone
Edition 15

 ULTRASONEのEdition 15は今回のヘッドフォン祭の目玉機種のひとつ。ハイブリッド振動板を採用した新開発ドライバーは、周辺にゴールド、中心にチタンを配合したもの。GTCドライバーと呼んでいる。999台限定で、価格は36万円(税抜)。年内の発売を予定している。11月10日に、2017年12月20日の発売と決定。各個体の測定グラフが付属し、品質管理者によるサインが加わるとのこと。

ETHER
ETHER ES

 MrSpeakersの静電型ヘッドフォン「ETHER ES」は、2018年第1四半期の販売開始に向けて鋭意調整中。88mmと大口径な自社開発の静電型ドライバユニットを採用。金属製のステーターを採用している。音質も素晴らしく要注目機種のひとつだ。

ヘッドフォン祭(小林撮影)

 AUDEZEの「LCD-MX4」は11月中旬の発売を予定している新製品。平面駆動型で国内初お披露目。予想売価は38万円前後(税抜)とのこと。

 ほかにも整理券配布のfinalの「D8000」、発売されたばかりのゼンハイザーの「HD 660 S」なども人気。試聴に長い列ができていた。

音質の平均点が高まっている印象

 イヤフォンでは高級ダイナミック型イヤフォンの新定番になりそうなゼンハイザー「IE 800 S」などが人気。音質は日本向けにチューニングしたとのことだが、確かに緻密で情報量豊富。より完成度の高いサウンドに仕上がったと実感できた。細身のハウジングで耳にも収まりやすい。標準でバランス駆動用ケーブルも付属する。ケーブルの途中で接続用端子を変更できる仕様で、既存のサードパーティー製ケーブルの利用は難しいのだが、バランス/アンバランスの交換はしやすい。価格は12万円前後(税抜)。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
IE 800 S

 入手困難な時期が続いていたCampfire Audioの「ANDROMEDA」。その日本限定版となる「Campfire Audio ANDROMEDA CK Iceberg Special Edition」も展示。すでに200セットが完売状態とのことだが、その音を確かめられた。音調は変わらないとのことだが、ステムの素材が違うため、音質に違いを感じる使用者も多いそうだ。15万6384円と高価な製品ではあるが、ハイグレードなサウンドはさすが。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
欲しい! ANDROMEDAの日本限定モデル(左)

 高級イヤフォンはいいんだろうけど、高くて手が出ない。そんなひともあきらめる必要なし。高コスパ、高音質、高質感が特徴のイギリスのブランドRHAから「S500 Universal」「MA390 Universal」が登場。それぞれ税抜きで5000円弱、3500円弱のお手頃価格だが、アルミハウジングが美しい! お手頃価格で、質感の高い金属筐体。そして音もいいので満足度高し。低価格ハイクオリティーブランドの本領発揮の機種だ。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
S500 Universal
ヘッドフォン祭(小林撮影)
MA390 Universal

 NUARLは初のBAドライバー搭載の試作機「X06」と「X07」のほか、「X21」を展示。来場者の意見を聞き、音色の方向性や商品化の検討を行なうという。イベントで声を聞いて、製品に反映というのもヘッドフォンイベントならではの光景だ。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
BAドライバー搭載の試作機「X06」と「X07」、そして「X21」
ヘッドフォン祭(小林撮影)
新製品の「NB10R2」も。

 Ultrasoneというと、Edition 15に注目が集まりがちであったが、実は「Signature DXP」が個人的に感銘を受けた製品。プロフェッショナル向けの「Signature DJ」を買いやすくした製品。50mmのマイラードライバーを採用。大音量下でもバランスが崩れない、キレのある低音がウリだという。プロティンレザーを使用したヘビーデューティー仕様。黒をベースにしつつ、緑をワンポイントであしらったハウジングデザインもなかなかカッコイイ。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
Signature DJの廉価版となるSignature DXP

 ちなみに手軽でいい音という意味では、BluetoothアタッチメントのSIRIUSとPerformance 880の組み合わせも好印象。ケーブルの代わりにアタッチメントを付けるだけで簡単にBluetooth化ができ、音のマッチングにも配慮されている。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
アタッチメントで簡単再生。Performance 880とマッチングもいい

イベントお決まりのアニメコラボ、そしてデスクトップオーディオ

 D&Mのブースでは、デノン・マランツそれぞれのブランドでデスクトップ再生に適したコンポを展示。応用が多彩で、ヘッドフォン再生にもこだわった機種だ。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
マランツの「ND8006」はネットワーク再生、USB DAC、そしてCD再生、BluetoothやAirPlay、HDD/USBメモリー再生、SpotifyやAWAなどにも対応。ソース機としては万能と言えるかも
ヘッドフォン祭(小林撮影)
デノンはPMA-60を中心にした展示を展開。新世代DDFA搭載機だ

 TEACの「UD-505」は、ヘッドフォンアンプ内蔵のUSB DAC。AK4497をデュアルで搭載。デュアルモノラル構成・フルバランス化にこだわった設計だ。6.3mm出力に加え、ペンタコン(4.4mm5極)端子を搭載。ヘッドフォンアンプは従来機同様、バランス駆動/アクティブGND駆動(COLD側のGNDを0に固定)が選べる。最大24.5MHzのDSDと384KHzのPCM再生に対応する。PCMで5種類、DSDで2種類のデジタルフィルターを切り替えられる。44.1kHz系、48kHz系に加えて、外部クロックの利用も可能。Bluetooth接続はLDACやaptX HDにも対応。A4サイズの筐体で、フットは3点支持。スパイクと軸受を使い接地を最小限にしている。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
UD-505
ヘッドフォン祭(小林撮影)

 一方「NT-505」は、ヘッドフォンアンプ内蔵のネットワークプレーヤー。DACなどの構成やBluetoothの対応コーデックはUD-505に準ずる。Open Home互換でネットワーク再生時でも5.6MHzのDSDに対応できる点が特徴だ。TIDALやQuoboz、roonなどに対応。UD-505がサポートしないMQA再生も可能だ。アプリ「TEAC HR Streamer」による操作も可能。ヘッドフォン端子は3.5mm4極のみ。GNDセパレート駆動が可能。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
NT-505
ヘッドフォン祭(小林撮影)
ヘッドフォン祭(小林撮影)
CG-10M。マスタークロックジェネレーター
ヘッドフォン祭(小林撮影)

 またアニメコラボ、キャラクターコラボ製品も彩りを添えていた。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
デノンは公式広報キャラクター「アストロガールズ」を展開。声は上坂すみれさん、小倉唯さんが担当
ヘッドフォン祭(小林撮影)
オンキヨー&パイオニアブースに展示されてた「響け!ユーフォニアム」コラボ商品「Sound! Euphnium Stereo Headphones SE-MHR5 EUPHO」
ヘッドフォン祭(小林撮影)
直径40mmの密閉式ヘッドフォン。45Ω、7Hz~50kHzの再生に対応

ほかにも見逃しちゃダメな展示がたくさん

ヘッドフォン祭(小林撮影)
rubato DP-S1A

 手のひらに収まるハイレゾプレーヤー「rubato DP-S1A」。12月中旬の発売予定で、「rubato DP-S1」の音質を強化したモデル。幅63×奥行き15×高さ94mmと小型で、回路基板の見直しやバッテリーシールドの改善などを実施した。

 中々マニアックだったのが、ケーブルオプション。DP-S1と一緒に発表されたSE-CH9Tのケーブルがユーザーに好評で、単体販売を望む声が多かったため、バランスケーブルのみを販売するのだという。なお、SE-CH9TにはMMCX端子を保護するコネクターシールドが付属していたが、これも販売予定。接続部のガタツキや汗や雨水が浸透してケーブルが劣化することを防げるという。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
バランスケーブル
ヘッドフォン祭(小林撮影)
コネクターシールド
ヘッドフォン祭(小林撮影)
イヤフォンに装着したところ

 またKORGブースでは、Nutubeを使ったヘッドフォンアンプキットも展示していた。組み立て式のキットを会場でも販売していたのだが、筆者が立ち寄った際には売り切れていた。ちょっと残念。

ヘッドフォン祭(小林撮影)
Nutubeを使ったヘッドフォンアンプキット。自分で組み立てる