代表的なダイエット
疑問・質問5選

 さて、5つの基本は分かっても、それを自分に照らして考えたり、実生活に落とし込むことにハードルを感じる人は多いようです。そこで、5つのポイントを踏まえて、よくある質問にお答えします。

Q1.食べる事が大好きですがどのように食事をコントロールしたらよいですか?

 まずは食事記録を付けるようにして、自分が食べている量を把握しましょう。

 その後、食べ順を守りよく噛んでゆっくり食べることで、ドカ食いしなくても満足感を得ることができるようになります。まずは昼食と夕食の量を減らしてみてお腹が空くのであれば、間食(タンパク質がとれるゆで卵や蒸しチキンなど)を取り入れていきましょう。

 食べ過ぎているかどうかは朝、晩の体重の差でチェックします。朝、晩の体重差が1kg以内を目標にしていきましょう。

Q2.外食やコンビニ食が多くバランスを取るのが難しいです。

 外食やコンビニ食でも、選び方次第で栄養バランスを整えることができます。

 外食では、定食タイプのメニューを選ぶことで前述した3つのお皿が自然と摂れます。また、外食のご飯は量が多いので最初に「少な目」でお願いするか、残すようにしましょう。

 コンビニ食では、「鮭弁当」「豚スタミナ丼」など1品で完結するメニューは選びません。その代わりに、おにぎりや納豆巻き、豚肉と野菜の炒め物、ワカメスープのように主食、主菜、副菜を意識して組み合わせましょう。

Q3.仕事の都合で夜遅い夕食になってしまいます。

 昼食から夕食までが4時間以上空いてしまう場合は、夕方に間食を入れていきましょう。間食を摂ることで夕食のドカ食いを防ぐことができます。

 ゆで卵や蒸しチキン、豚汁タンパク質の入ったおにぎり(鮭、ツナなど)などタンパク質が摂れるものが満足感もあり、おすすめの間食です。夕方に炭水化物をとった場合は夕食の炭水化物は控えましょう。