11月28日、東レは、子会社の東レハイブリッドコードで品質データ数値の不正な書き換えがあったと発表した。写真は都内で2013年9月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

 [東京 28日 ロイター] - 子会社で検査データを書き換える不正が発覚した東レ<3402.T>の日覚昭広社長は28日、記者会見を開き、「このような事態を招いてしまったことは誠に遺憾で、関係者の皆様にご迷惑・ご心配をおかけしたことを深くお詫びする」と陳謝した。ただ、書き換え後の数字については測定誤差や品質性能のバラつきなどを踏まえれば「全然問題のない数字だ」とも語り、安全性に問題がないことを強調した。

 東レハイブリッドコード(THC)は同日、タイヤコードや自動車用ホース・ベルト用コードなどで、検査データを書き換える不正があったと発表した。製品を納入する際の品質検査で、顧客と取り決めた規格から外れたデータ数値を規格内に書き換えていたという。

 書き換え件数は149件、対象顧客は13社。大半が日本企業だが、一部に韓国企業も含まれるという。米国企業は含まれていない。

 東レでは、規格外となった書き換え製品について、規格値からのかい離はごくわずかであり、規格内製品と実質的な差はないと説明。書き換えが原因で顧客に被害が発生した場合には、真摯かつ迅速に対応するとしている。

 対象製品の売上高は約1.5億円。不正発覚を受け、キャンセルなどは発生していない。日覚社長は業績への影響について「(調査結果は)ほとんどは問題ないとなると思うが、たとえ問題があったとしても、それほど大きな額にはならない」と述べ、影響はないとの認識を示した。