オンキヨー
「Smart Speaker G3」

 オンキヨーは11月30日、メディアを対象とした同社スマートスピーカーの体験会を開催した。

 同社はAmazon Alexaを採用する「Smart Speaker P3」と、Google Assistantを採用する「Smart Speaker G3」の2方式のスマートスピーカーを展開。

オンキヨー
「Smart Speaker P3」

 前者はアマゾンが販売を担当し、近日中に出荷予定(購入は招待制)。後者はすでに出荷済みで今日30日にも店頭に登場するとのこと。価格はP3が3万2184円(アマゾン価格)、G3が2万7000円前後だ。

 会場ではP3とG3の音楽の聴き比べのほか。家庭におけるほかの家電との連携機能について紹介していた。

オンキヨー
右の電気スタンドを声でオン/オフできる
オンキヨー
Alexaに対応するラトックシステム「RS-WFIREX3」。赤外線リモコンユニットだ
オンキヨー
P3に話しかけることで右奥のテレビをコントロールできる

 P3は電気スタンドのオン/オフやラトックシステムのWi-Fi接続型赤外線リモコンユニットを使ってのテレビの電源オン/オフなどをデモ。

 また、DTSの「Play-Fi」というネットワーク機能を搭載しており、対応機器に対して音楽を送信したり、マルチルーム機能(複数のオーディオ機器を一括コントロール)を利用できる。ハイレゾ音源の再生にも対応し、スピーカーの増設(オーディオ入力端子)もできるので、迫力のある音楽を楽しめる。

オンキヨー
後ろのテレビやAVアンプをG3の音声コマンドでコントロール。YouTube動画や音楽再生ができる
オンキヨー
オンキヨー
左の加湿器の電源をG3でオン/オフ。実際には加湿器につながっているWi-Fiコントロールが可能なコンセントを操作している

 一方のG3は、Wi-Fi操作型の電源タップを介した家電の電源オン/オフや、「Chromecast」を介したテレビでのYouTubeの表示、AVアンプ内のChromecastを使用した音楽再生などを実演。

 Amazon AlexaではYouTubeの再生指示などはできないということで、ネットのさまざまな動画を見るならG3が有利だろう。

オンキヨー
Siriのボイスコントロールが可能な「RAYZ」
オンキヨー
オンキヨー
音声読み上げアプリ「Notification App」。あらゆるアプリのテキストの音声読み上げが可能。同社の対応Bluetoothヘッドフォンのみで利用できる

 また、同社は、Siriのボイスコントロールに対応したパイオニアブランドのイヤフォン「RAYZ」の展示や、Android向け音声読み上げアプリ「Notification App」のデモンストレーションも行なった。

オーディオを超えるスマートスピーカーの可能性

オンキヨー
オンキヨー&パイオニア マーケティングジャパン 社長の荒木健氏(中央左)とオンキヨー AI/Iot事業戦略室 室長の宮崎武雄氏(中央右)

 体験会の先立ち、オンキヨー&パイオニア マーケティングジャパン 社長の荒木健氏がAI(人工知能)の可能性について、手の使えない状況での便利ツール、カレンダー連携のビジネスツール、介護などの支援ツールといった用途を具体的に挙げ、屋内/屋外どちらでも活用できる技術であると語った。

オンキヨー
自宅での活用例。マイクとスピーカーを別々に配置し、あらゆる場所で音声コントロールを可能にする
オンキヨー
バスルームでも音声コマンドにより音楽を再生。スピーカーではなく加振器を利用する
オンキヨー
加振器は天井裏に設置して壁を振動させることで音を出す装置だ

 また、ほかの機器とつながるスマートスピーカーの特徴が「さまざまな販路を開拓できるのではないか」と主張。販売店においては従来のオーディオコーナーだけでなく、ほかのジャンルの商品とのコラボレーションも期待できるという。

 さらに、同社の製品(オンキヨー、パイオニア)の70機種以上がスマートスピーカーとの接続が可能であることもアピールした。

 オンキヨー AI/Iot事業戦略室 室長の宮崎武雄氏によれば、スマートスピーカーを使った人の65%が普通のスピーカーには戻れないとし、さらに45%の人が追加購入しているという。

 同氏はスマートスピーカーを使うことで、音楽を聴くという行為がものすごく簡単になるとし、音楽を聴く機会を増やしたいという想いから早い段階からスマートスピーカーを開発。いち早く日本で製品化を実現した。

 そして、Amazon AlexaとGoogle Assistant、両方の製品をリリースする「マルチAI戦略」により「(ユーザーに)AIを選べる機会を提供する」と語った。

 このほか、同社は自動車とスマホを接続する規格を管理する「SDLC」(SmartDeviceLink Consortium)に加入し、自動車におけるAI活用についても研究開発を行なっているとした。