おーい! ギタリストやベーシストは集まるんだ!

 VOXの「Adio Air GT(アディオ・エア・ジーティー)」および「Adio Air BS(アディオ・エア・ビーティー)」が今回のお題。Bluetoothスピーカーである。と、言い切ってしまっては語弊もあるが、ひとまずその視点で始めてみたい。

気持ちいいくらいサラウンドがすごいVOXのアンプ「Adio Air GT」
撮影協力: Studio Flight 府中市の音楽スタジオ バンド練習 リハーサル スタジオフライト

 これまでにフェンダーの「MONTEREY」「NEWPORT」、マーシャルの「ACTON BLUETOOTH」「STANMORE BLUETOOTH」、ローランドの「JC-01」 と、ギターアンプメーカーのBluetoothスピーカーを試してきた。どれもオーディオスピーカーとしてはよくできていたが、見た目は完全にギターアンプであるにも関わらず、ギターのINPUTジャックがない。

 そんな姿形をしていて、他人様の演奏を聴かせるだけでいいのか。そんな格好をしているのなら、ギターつながせろよ。いや待て、だったらギターがつながるBluetoothスピーカーがあるじゃないか。

 という流れからのAdio Airシリーズである。実態としては、ギター/ベースのアンプシミュレーターを内蔵したスピーカーに、Bluetoothが付いていると言った方が正しい。が、その機能は多岐に渡り、レコーディング用のUSBオーディオインターフェースを内蔵し、スマホのアプリでプログラムチェンジができて、音を作ったり保存できたりもする。

 実は、リモート制御できるアンプ、かつレコーディング機材でもある卓上オーディオ、という点で言うなら、ヤマハの大ヒット作の「THR」シリーズや、フェンダーの「Mustang GT」シリーズといった、同じコンセプトの製品がいくつもある。このセグメント、しばらく前から、ちょっときているのだ。

 そこに割って入るAdio Airの価格は2万9800円。相変わらず安いぞ、VOX。そして総合出力50W。音もデカイぞ、VOX。普通に出力50WクラスのBluetoothスピーカーを買っても、これくらいするものもある。なので、まずは普段使いのBluetoothスピーカーとして、どれくらいいけるのか試してみたかったのだ。

レガシー感ゼロのデザイン

 ヤマハのTHRシリーズは、あのディメンションでギターアンプ感がしっかり出ていて、デザイナーさんがんばった、えらいと感心したものだが、VOXのAdioはちっともギターアンプに見えない。レガシーな意匠、構造、材質は顧みられることなく、ばっさりカットオフ。ノブですらVOX伝統のチキンヘッドではない。

 しかし、これはこれでデザイナーさんがんばったと思う。だって、これは伝統的なギターアンプとは違うものなのだから。

気持ちいいくらいサラウンドがすごいVOXのアンプ「Adio Air GT」

 外観でそれとわかるのは、赤白緑のステッチが入ったダイヤモンドグリルクロスに、ブランドロゴのみ。ギター用のGTはゴールド、ベース用のBSはシルバー基調と色分けされている。シルバーの方が、ちょっとシックでいい気がする私はギターしか弾けないので、ちょっと悔しい。

気持ちいいくらいサラウンドがすごいVOXのアンプ「Adio Air GT」

 どちらもストラップを付けたらオロビアンコのバッグのようだ。手持ち無沙汰ならクラッチバッグの代わりに持ち歩いてもいいんだぞ。そんな面持ちである。実際、重さは2.9kg。バッグのつもりで持っても軽い。背面にはハンドルも付いている。

気持ちいいくらいサラウンドがすごいVOXのアンプ「Adio Air GT」

電池駆動もできるぞ

 軽さの理由は、筐体が樹脂成形だから。もちろん必要な部分に補強のリブは入っているし、剛性確保と、もしかしたらディフューザー効果も兼ねてなのか、フロントグリルはハニカム状のスリットで埋められている。

 エンクロージャーは基板から独立した気室が確保され、左右ユニット間には隔壁も設けられている。フロントには左右にバスレフダクトも開いていて、パッシブラジエーターはナシ。ちなみに左右スピーカーの口径は、ギターアンプメーカーの流儀で「3インチ」と公表されている。普通に言えば7~8cm程度。

気持ちいいくらいサラウンドがすごいVOXのアンプ「Adio Air GT」
画像はVOXから公式なものをお借りしました
気持ちいいくらいサラウンドがすごいVOXのアンプ「Adio Air GT」

 入力はBluetoothのほかに、楽器用のフォーンジャックと、背面ステレオミニのAUX IN、USBも使える。それぞれBluetoothとは排他利用ではなく、同時に鳴らせる。そもそもスマホやPCで音楽を鳴らしながら、楽器を弾くためのハードなのだから当たり前だが、そのへんはしっかりできている。

 電源はDC19Vの付属ACアダプターか、単3電池8本で賄う。電池で最長8時間駆動できるが、パワーは大幅ダウンの2.5W+2.5Wの5Wに。実用的な駆動時間を確保するために、出力を落としたわけで、これは止むを得ない。家の中で音楽を聴くには、5Wでも十分なパワーだ。

独自技術「Acoustage」がデカい

 とは言え、ACアダプターで鳴らしてみると、やはり50Wのパワーはすごい。音がガンガン前に来る。目一杯ボリュームを上げても、エンクロージャーが共振し始めるようなこともない。

 ただし、パッシブラジエーターのような仕掛けはないので、部屋全体を埋め尽くさんとする、BOSEのBluetoothスピーカーのようなローエンドのエネルギーはない。これで低音ドコスカ出したら、2.9kgじゃ済まなくなる、ということもあるだろう。

 その代わり空間がデカい。独自のバーチャル・サラウンド技術だという「Acoustage」が侮れないのだ。「WIDE」と書かれたボタンをポチっと押すだけで、どかーんと音場が左右に広がる。うおおお。

気持ちいいくらいサラウンドがすごいVOXのアンプ「Adio Air GT」

 もっとも、この手のサラウンドエフェクトは、とくに珍しくはない。左右のスピーカーが近接している小型スピーカーの救済策だ。しかし、一般的には「原音忠実再生」の建前が足かせになっているのか、大して効かない。だからテストする側も、全然期待していない。

 そこへ行くと、Adioのそれは、まあ盛大だ。そもそも幅36cmのワンボックススピーカーで、原音もへったくれもない。だったら聴いて気持ちのいいようにしておこうぜ、という楽器メーカーらしい出音第一主義的大胆不敵さを感じる。Bluetoothスピーカーとしては、すごいキャラ立ちで、これだけで選んでもいいくらいだ。

 ちなみに、このサラウンド効果、音楽の再生よりも、ギターやベースをつないだ方がすごい。特にコーラスやディレイのような、ステレオ系のエフェクトをかけると、これ以外のアンプで弾くのはイヤ、という程度にすごい。このページとおしてすごいしか言ってない。

惜しいのは遅延

 低域が足りないと思えば、Windows/MAC/Android/iOS向けのアプリ「Tone Room 」でイコライジングはできる。EQ4バンドにベースのブースターという設定。4つまでプリセットして、本体のボタンから呼び出せる。

 とは言えスピーカーの物理的限界があるので、低域ばかり盛ってもバランスが悪くなるだけ。そういう場合はミッドレンジの厚み、そこにVOXの伝統的な良さがあることを思い出そう。

気持ちいいくらいサラウンドがすごいVOXのアンプ「Adio Air GT」
画像はiOS向けのTone Room

 Bluetoothスピーカーとして惜しいのは、iPadやiMacでYouTubeを再生すると、若干の音声遅延があること。正確に計測したわけではないが、おおよそ50ms程度。ドラマや映画なら気にしなければ平気だが、運指やピッキングを見てコピーしようという場合は、イライラするかも。一般的なBluetoothスピーカーと比べて悪いわけではないが、楽器メーカーとしてはがんばってほしいところでもあった。

 アンプシミュレーターとしての実力チェックは、また次回に。



著者紹介――四本 淑三(よつもと としみ)

 1963年生れ。フリーライター。武蔵野美術大学デザイン情報学科特別講師。新しい音楽は新しい技術が連れてくるという信条のもと、テクノロジーと音楽の関係をフォロー。趣味は自転車とウクレレとエスプレッソ