海外旅行でのハードルのひとつは言葉の問題。ホテルやレストラン、交通機関などで自分の言いたいことをスムーズに伝えられないのはもどかしいだけでなく、トラブルの元にもなりかねません。

 最近はスマートフォンの翻訳アプリも高性能になってきているので、それを使うユーザーも増えてきていますが、音声認識の場合はインターネット接続が必要なものが多く、海外で使うには不便なことも。そんなハードルや不便さを解消してくれるのが、スタンドアローンタイプの翻訳ツール「ili(イリー)」です。

ili
スティック型の翻訳マシン「ili」

「ili」
・ログバー
・発売日 2018年3月
・価格 2万1384円
※12月22日まで特価1万9224円で先行予約受付中。

 iliは日本語から、英語、中国語、韓国語の音声を翻訳してくれるアイテム。使用時にはインターネット接続が不要で、本体にあるボタンを押しながら日本語で話しかけると、設定した言語に翻訳した音声が出力されます。翻訳の方向は日本語からのみで、外国語から日本語への翻訳はできませんが、手のひらに収まるスティックタイプで、重さも43gと軽く持ち運びに便利。ストラップホールもついているので、首からぶら下げておけばすぐに使えます。

ili
手のひらサイズで持ち運びにも便利
ili
ストラップの装着も可能
ili
大きなボタンが翻訳&再生ボタンで、その上にマイクがある
ili
スピーカーは背面に装備

実際に海外で使ってみたところ……

 今回レビューのため、実際に韓国で使ってみました。翻訳精度はかなり高くこちらの伝えたいことはしっかりと相手に伝わっている感じです。

 本体側面にあるボタンを押すと、日本語でなんて認識したかを再生してくれるので、翻訳が間違っていないかどうか確認可能。なので、ホテルのフロントに尋ねてみるときは事前に翻訳して訳が間違っていないかどうか確認してから使えます。

ili
本体右側面には電源ボタンと日本語への再翻訳ボタンがある

 ちなみに直前に翻訳した内容は保存されているので、翻訳ボタンを軽く押せば何度でも再生できます。新たにボタンを長押しして翻訳させると上書きされるという仕様です。また本体側面のボタンを押すと言語設定が切り替わります。切り替え時には再起動が必要で若干時間がかかりますが、ディスプレーなどを見て操作するよりはわかりやすくてカンタンです。

 街中でのショッピングなどでも使ってみましたが、必要な個数を伝えたり値段を聞いたりといった翻訳なら問題ありませんでした。

 ただし、翻訳精度を旅行用にチューニングしてあるため、料理や地名などの固有名詞の変換はやや苦手のようです。なのでタクシーに乗って行き先を伝えるときは「●●へ行ってください」と言うのではなく、ホテルカードや地図を見せながら「ここへ行ってください」と言ったり、レストランでも「(料理名)を下さい」よりも、メニューを指さしながら「これを下さい」と言ったほうが、相手にも伝わりやすかったです。

ili
メニューを指さしながら質問したりするのに便利

 また外国語から日本語への翻訳がないため、相手に自分の言いたいことは伝えられても、相手の話している内容が理解できないという欠点もあります。街中で試したところ、相手は双方向に翻訳できるアイテムだと勘違いして現地語で話しかけてくるケースもあったので余計にもどかしいところ。

 なのでiliを使う場合は、極力イエスかノーかで返事が返ってくるような質問をしたほうが良いです。個人的には指さし回答集のようなカードも一緒に持ち歩いて、こちらからの質問はiliを使った翻訳で、相手からの返事は回答集のカードを使ってもらうといった工夫をすると、双方向でコミュニケーションがとれるのではないかと思います。

ili
街中での買い物などにも重宝する

結論・慣れてくるとスマホの翻訳アプリより便利

 一方通行の翻訳ということで、若干使い方にコツは必要ですが、慣れてくるとスマートフォンの翻訳アプリよりも便利。特に翻訳スピードが速くストレスにならないのが◎。スマートフォンの翻訳アプリだと、インターネット経由で音声データも送られてくるため、意外と時間がかかりますが、iliの場合は日本語で吹き込むとすぐに反応してくれます。さらにインターネットへの接続が不要なので、飛行機の中でも音声翻訳が利用可能。CAさんに自分の要求をしっかりと伝えられます。

ili
インターネットが使えないことも多い飛行機内でも音声翻訳が使えるのはうれしい

 またバッテリーも長時間持つのがうれしい。今回のテストでは2泊3日の旅程でしたが使用前に充電しただけで、最後まで充電不要でした。しかも充電ポートはmicroUSBで、一般的なUSBチャージャーから充電可能。スマートフォンなどと同じなので充電機を別途用意する必要がなく荷物を少なくできます。

ili
充電はmicroUSBポートからUSBケーブルで対応

 手軽に持ち歩けて使い方もカンタンなので、海外旅行には行ってみたいけど言葉の壁で躊躇している、そんな人にはオススメのアイテムです。

 12月22日までに予約すると特別価格1万9224円で購入できます。限定ストラップの特典付き。製品の到着は2018年の1月上旬予定とのこと。

■関連サイト

訂正とお詫び:表現を一部訂正しました(12月19日)



筆者紹介――中山智

 フリーライター。国内外への旅行好きだが、どんなときでも常にネットにつながっていないと不安なため、新手のモバイルアイテムやサービスのチェックに余念がない。自ブログは「幽玄会社中山商店」。