日本でも注目を集めはじめたスマートスピーカー。

 「Google Home」か「Amazon Echo」か、はたまたLINE の「Clova WAVE」かで、悩んでいる人も多いと思う。声で操作するという基本的なところは変わらない。ただしできることや音声認識/読み上げの精度には若干の違いがある。これらのプラットフォームのうちどれを選ぶかが第1の選択。

 第2の選択は、どこのメーカーのハードを選ぶかだ。Google Homeが使うGoogle アシスタント、Amazon Echoが使うAlexaはサードパーティー製のハードも選ぶことができる。用途として音楽再生を中心に考えているのなら、音質の違いが重要なポイントになるし、大きさやデザインの違いもある。さらに屋外使用を見据えるならバッテリー内蔵のほうがいいし、防水・防滴性能があったほうが安心な面もあるだろう。

LINK 10
LINK 10

 ここで紹介するJBLの「LINK 10」は、Google アシスタントに対応した製品だ。JBLはBluetoothスピーカーの開発に長けたブランドで、音質面でも一定の評価を得ている。LINK 10はバッテリーを内蔵し、IPX7相当(水深1mで30分間)の防水性能を備えている。アウトドアはもちろん浴室などでの利用も可能だ。

LINK 10
中央がLINK 10、Google Home(左)、Amazon Echo(右)よりも大きめ

 サイズは直径86×高さ169mmで、重量は710g。45mmのフルレンジスピーカーを2つ装備し、出力はそれぞれ8W。Micro-USB経由で充電し、バッテリー駆動で約5時間の使用が可能だ。Google HomeやAmazon Echoよりは少し大きいサイズだ。

Google アシスタントの機能はそのままで付加機能を持つ

 LINK 10はGoogle アシスタント対応スピーカーであるため、基本的な機能はGoogle Homeと変わりがない。音声フィードバックの声なども同じ。筆者もGoogle Home Miniを自宅で活用しているが、最初の設定から実際に使い始めるまでの手順もほぼ同じだ。

 iPhoneとの組み合わせを中心に説明すると、まずWi-Fi経由でインターネットに接続できる場所でLINK 10の電源を入れ、スマホに入れておいたGoogle Homeアプリを起動する。そこからLINK 10を見つけ、順次設定を進めていく流れだ。

 デバイスを利用する場所(部屋)、Wi-Fiパスワードの設定、利用場所の住所の入力などが完了すると利用できる状態になる。筆者のGoogle アカウントにはすでに何台かのデバイスが登録されており、Spotifyとの連携も済んでいるため、LINK 10の追加は比較的簡単にできた。

 設定が済めば「OK Google……」と話しかけ、音声操作するだけだ。

LINK 10
音声認識中は前のLEDが白く光る
LINK 10
電源ボタンは後ろ

 基本的にはGoogle Homeでできることはすべて対応している。これに「JBLならではのサウンド」や「防水機能」「バッテリー駆動」などが追加された製品と考えればいい。Google Homeは、キャンペーンが実施されていて安価に買える場合もあるが、LINK 10の実売価格は1万6000円前後。Google Homeは1万円台前半なので大差ない価格でもある。

 Wi-Fi接続でGoogle アシスタントを使用するだけではなく、Bluetoothスピーカーとしても利用可能だ。ハンズフリー通話はできないようだが、ほかは普通のBluetoothスピーカーと変わらない。また、Chromecast built-in搭載スピーカーであるため、Google アシスタントで音声操作ができない「AWA」などのサービスを利用する際、スマホで選曲して無線(Wi-Fi)でLINK 10に送るといった使い方ができる。仕様的には、96kHz/24bitのハイレゾ再生もできるそうだ。

 外観を見てみよう。サイズ的にはGoogle Homeよりフットプリントはやや小さくかなり背が高い。Echoと比べた場合はフットプリントがほぼ同じで背が高い。側面はファブリック調になっている。ブラックのモデルだが、よく見ると黒と紺の糸を組み合わせている。

LINK 10
操作部分

 ボタン類の配置はGoogle Homeとは異なる。上部には音量調節用のボタン、Bluetooth入力の切り替え、再生/一時停止ボタンが十字上に並んでいる。その中央に音声操作を起動するためのボタンがあり、ここを押せば「OK Google」などのウェイクワードなしでも操作できる。

LINK 10
マイクを切るとオレンジ色に光る

 電源は背面の上部にあり、その下にマイクのオン/オフボタンがある。バッテリー残量は電源ボタンの上のLEDで確認できる仕組みだ。音声認識中はフロントの4つのLEDが白く光るが、マイクをオフにした場合はオレンジに光る。

LINK 10
マイクを切っているかどうかは前からも分かる

聴きやすさに加えて、防水はメリット

 音質に関しては、フラットで聴きやすい印象だ。低域は抑えめだが中高域の音が伸びて分離感も悪くはない。長時間聴いても疲れにくい音と言える。

 スマートスピーカーは声(音声フィードバック)の聴きやすさと、音楽再生の両方をうまく兼ね備えている必要がある。しかしEchoの場合、声と音楽再生時の音量に差があり、声を聴きやすい位置に設定すると音楽再生時に低音がズンドコ鳴りすぎてしまい、逆に音楽に合わせると声が小さくて聞きにくいといった問題を感じたりする。また、Google Home Miniでは、声が非常に聞き取りやすいのだが、スピーカーが小さいぶん、曲によっては低域がすっぱりとカットされてしまうことがある。J-POPなどを聴くとビートを刻むベースの最低音がほとんど聞こえなくなってしまうといったことも経験した。

 音響製品を多く開発しているJBLなので、こういった部分も考慮されている印象だ。

LINK 10
シールされた端子部、技適マークも

 Google Homeにない特徴としては、防水対応がある。水を直接かけるケースはあまりないにしても、浴室の隅などに置いて、音楽やラジオ(radiko.jpなど)を聴きたいというニーズはあるだろう。ちょっとした水しぶきがかかっても問題なく使えるのであれば安心感がある。またスマホで操作して音を鳴らすBluetoothスピーカーとは異なり、音声で操作するため、画面に手で触れる必要もない。防水仕様のBluetoothスピーカーと比べてもメリットを感じる部分だ。

 音声操作機能は、油や水で手が汚れやすいキッチンや洗濯などの水仕事の合間などでも便利に使えるだろう。マイクは上部に2つある。家で使う際には静かな場所だけでなく、騒音を発する掃除機などをかけている場合もある。音声操作にきちんと反応するか不安だったが、短時間使用した印象では、感度や精度の面でも問題なさそうだった。

 Google アシスタント搭載のスピーカーは、JBL以外にもソニーが市場投入しており、近くオンキヨーも製品を出す予定だ。今後はハード選びに対する関心も高まってくるに違いない。

 その中でLINK 10は比較的買いやすい価格と、使う場所の自由度が高いという点で評価できる製品。スマートスピーカーを体験する最初の製品としても合っていると思う。

■関連サイト