ビックカメラグループは、同社系列店のビックカメラ、コジマ、ソフマップにおいて、ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max Pro」を独占販売すると発表した。発売日は12月23日で、価格は税抜2万9800円。

11

 ZenFone 4 Max Proは、ZenFone 4シリーズの中でもバッテリー容量やスペックを強化したモデル。その特長は8.9mmの薄型筐体でありながら、5000mAhという大容量バッテリーを搭載している点。ヘビーな使い方でも丸一日を追加充電無しで済ませられるほか、付属ケーブルを用いることで他の機器をUSB経由で充電することも可能。

 ZenFone 4シリーズ共通の特徴であるデュアルカメラはリアに搭載。13メガの標準レンズと5メガの広角レンズの組み合わせになっている。インカメラは800メガ。

 そのほかの主なスペックは、HD解像度の5.5型液晶、Snapdragon 430(1.4GHz)、4GBメモリー、32GBストレージ、指紋センサー、Android 7.1.1など。ZenFone 4 Maxとの共通点は多いが、メモリー容量が増量されている。ネットワーク面ではDSDS対応でnanoSIMスロット×2とは別にmicroSDスロットがある、トリプルスロット仕様。また、au/Y!mobileのVoLTEにも対応予定となっている。

 なお、ZenFone 4 Max Proの購入と同時に、満65歳以上のユーザーが「BIC SIM」に契約した際、端末の初期設定や電話サポートがセットになった「シニア向け安心スマホプラン」の初期費用が無料になるなどの特典を用意している。


■関連サイト