StarVR
「SEGA VR AREA SHINJUKU」は、セガ新宿歌舞伎町の2階に設置されている

 STARVR CORPORATIONは、セガ エンタテインメントと共同で最高5Kの高解像度かつ210度の広視野角のVRヘッドマウントディスプレー(HMD)「StarVR」を導入したVR体験エリア「SEGA VR AREA SHINJUKU」を、本日12月22日セガ新宿歌舞伎町内にオープンした。

StarVR
「StarVR」の体験スペースは、2種類のゲームが同時に2人楽しめる形で区切られている

 StarVRは、片眼2560×1440ドットの2.5K解像度の有機ELディスプレーパネルを左右に搭載し、最大で5Kの高解像度映像を映し出す。ハリウッド映画のCG撮影で使われているトラッキングシステム「ハイスピード・オプティカル・トラッキングシステム」を採用。“VR酔い”の原因である速い動きの映像の乱れを抑制し、滑らかな映像を実現しているという。

 StarVRはBtoB用のVRHMDとして提供され、海外だと、映写システムで知られるIMAX社による米ロサンゼルスにあるVR施設「IMAX VRセンター」に採用され、映画に関係するVR映像が楽しめたりと、徐々にその存在感を知らしめている。国内では「SEGA VR AREA SHINJUKU」が初採用となるため、現状唯一体験することができる。

StarVR
StarVRは210度の視野角をカバーするためか、前面のHMD部が弧を描く、サイズも大きめ
StarVR
視野角のイメージ。視野角120度ほどの一般的なVRヘッドセットと比べると、210度という広視野角は左右のカバー範囲が格段に上がる
StarVR
画像はStarVRでのシミュレーション画像。左が5Kで右が2K。5Kの高解像度だと、画像の粗さが目立たなくなり、金属の質感などの表現がよりリアルになっている

「SEGA VR AREA SHINJUKU」では、「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」と「JOHN WICK CHRONICLES」という2種類のSFシューティング型アクションゲームをプレイできる。価格はどちらも1200円で、チケットを購入して体験を行なう。どちらも同時に2人までプレイ可能だが、協力プレイや対戦要素などはなく、ソロプレイのみとなっている。

 対象年齢は13歳以上となっており、他のVRHMDと同じく13歳未満の人は体験できないとしている。そのほか、体験ができない条件は、身長130cm未満の人、体重100kg以上の人、妊娠中の人、飲酒している人、乗り物に酔いやすい人、心臓や首、腰、脊髄、血圧に異常や疾患がある人、眩暈や恐怖症、痙攣、発作、騒音過敏性などの症状が悪化する恐れのある人など、細心の注意をはらった多岐に渡る項目が並ぶ。

 StarVRのスペックは以下のとおり。視野角は210度と「Oculus RIft」やHTCの「VIVE」といった、すでに普及しているPC用VRHMDの視野角110度よりも広い。その視野角をカバーするためだろうが、前面のHMD部が弧を描き、こめかみ辺りまでの範囲をカバーするような形状をしているため、サイズは大きめで重量も530gとやや重い。

 ヘッドベルトは伸縮するゴム製で、左右で長さを調整し、マジックテープで止める形とVIVEの標準のものに近い。目の前のスペースはOculusのデベロッパーキットよりも狭い感じで、一応眼鏡を付けてもOKと言われ、最初は眼鏡ありのママ被ったが眼鏡のフレームが曲がり、鼻パッドが食い込む。眼鏡の形状によっては、入れることも厳しく、壊れる可能性もあるので、できれば眼鏡なしをオススメしたいところだ。

StarVR
StarVRのHMD部は、顔に当たるパッド部分と、ディスプレーまでの距離が近く、眼鏡をしたままでは、装着するのがかなり厳しい

 とはいえ、焦点距離や瞳孔間距離の調整ができる機能がある訳ではなく、被った際の高さを自分で調整することで、焦点を合わせるくらいしかできない。この辺りの見え方に関することは、VRの体験の際に気にする人が多い点なので、改良の余地があると感じた。

StarVR

 では、実際に体験できるコンテンツはどうなのか。まず始めに体験した「THE MUMMY PRODIGIUM STRIKE」は、銃型のコントローラーを持ち、ゾンビを銃で倒しまくるゲーム。座った状態からプレイを開始。最初はヘリコプターの中から始まり、地上で逃げ惑う車を追っている大量のゾンビを撃ちまくる。リロードの必要がないため、トリガーを引き続ける方が、ゾンビを倒しやすい。

StarVR
座った状態からスタート。アサルトライフル型の銃型コントローラーを使うため、実際に映像と同じような銃を持っている感覚がリアルに伝わる
StarVR
最初はヘリコプターの中から地上を移動する大量のゾンビを撃ちまくる

 一定時間の後、ヘリコプターが落とされ、地上戦に。周囲は薄暗い森?の中で、崖の上から車に群がるゾンビを撃ちまくる。薄暗いためか、アセットの問題か遠方にいるゾンビのディテールがわかりづらかったのが少し残念。

 しかしながら、視野角の広さは素晴らしく、大量のカラス?が視界の端から目の前を横切る際などは、従来のVRHMDよりも早く認識。この現実とほぼ変わらない空間の広さをダイレクトに感じられるのは、StarVRの魅力だと感じた。

StarVR
ヘリが落ちてからは立って移動し、下を覗き込むようにして銃撃戦を行なう

 ゲームは襲われている車に乗っている人と、自分の左右で一緒に戦う兵士を守ることで高いポイントを稼げるとのこと。ヘリが落ちてからは、基本は崖の上からの銃撃戦になるが、時々ゾンビが飛び上がって来たり、手で抱えるほどの大きな蜘蛛が足元から襲ってくる。

 自分だけでなく、蜘蛛やゾンビに仲間の兵士も襲われるので、崖下だけでなく左右にも気を配る必要があり、割と忙しい。攻撃は銃撃のみと、よく言えばシンプル、悪く言えばたんぱくなので、何かのアクションで武器を切り替えたり、追加のボタンでグレネードを撃てたりといったアクションがほしかった。

StarVR
地上に降りてからは、立って移動できるのだが、崖の上という設定で、それほど広範囲には移動できない。数歩歩いて下を覗き込んだりできるといったところ
StarVR
時々、飛び上がって来るゾンビの迫力には、結構驚く。近づかれると、高解像度が生きてくるが、大体のゾンビが遠くにいるので、全体を通して少し迫力に欠ける、
StarVR

「JOHN WICK CHRONICLES」は、伝説の暗殺者「JOHN WICK」として戦うガンシューティング。同名のゲームがSteamで配信されていて、VIVEでプレイできるようだ。ゲームが開始すると、まず昼と夜のどちらで戦うかを選択。

 実は6月に台湾で行なわれたCOMPUTEXのAcerブースで夜の船内戦は体験していたので、昼間の方でプレイ。

StarVR
銃型のコントローラーはマシンガンタイプに

 こちらは、弾が切れたら銃口を下に向けてリロードする必要がある。昼間の方はビルの屋上での銃撃戦。ビルの手すりや、観葉植物は割とリアリティーがあるのだが、同じコンテンツで比較してみないと何とも言えないので、必ずしもOculus RiftやVIVEより上かと言われるとわからないところ。

 前方にヘリコプターから降りた敵と銃撃戦を行なう他、背面の別のビルから銃で撃たれることもあり、どこから撃たれたのかわからなくなることも多い。段差に身を隠しながらの銃撃も行なえるので、よりリアルな銃撃戦が楽しめるのは◎。

StarVR
敵は次から次へとヘリから降りてくる。スモークがたかれたりと、本格的な戦闘が展開される
StarVR
別のビルから攻撃されることも
StarVR
ちなみに夜を選ぶと船内戦闘になる

 StarVRにはケーブルが付いているが、これは天井に逃がされており、滑車を使ってうまく絡まないように逃がしているのか、360度回転しても引っ掛かりを覚えず、快適にプレイできた。

 いずれもプレイ時間は約15分とのことだが、ゲーム自体は10分未満といったところ。操作説明やHMDの装着も含めて約15分というところなのだろう。

 今回体験した2種類のゲームは、スウェーデンのデベロッパー「Starbreeze」が開発。どちらもガンシューティングとなっており、割と遠くの敵を撃つような形と、今いち高解像度による実在感が伝わりづらいと感じた。広視野角についても同様で、もっとスピード感のあり、景色が流れていくようなゲームでないと、せっかくの視野角の広さを生かし切れないように思えた。

「SEGA VR AREA SHINJUKU」は、2018年3月までにはセガ直営店3ヵ所への導入を目指し、2018年末までには合計10ヵ所異常での開設を目標としているという。

SEGA VR AREA SHINJUKU
営業時間:13:00~23:00
店舗URL:http://tempo.sega.jp/am/kabukicho/

 StarVRは、現状スペックが最も高く、より現実に近いリアルな体験がが可能なVRHMD。コンテンツ次第では、アッと驚くような体験が得られると思うので、そうしたコンテンツの登場に期待したい。

●関連サイト