ここに来て、バリエーションを急速に増やしている「ZenFone 4」シリーズ。購入しやすい税抜2万円台のエントリー~ミドルクラスの端末が次々と発売されている。今回は12月8日に発売された「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」を写真中心にお届けしよう。

11
今回はZenFone 4シリーズのエントリー機「ZenFone 4 Max」をチェック

大容量バッテリー搭載のエントリーモデルながら
標準+広角のデュアルカメラを搭載

 ZenFone 4 Maxは、“Max”の製品名からわかるように4100mAhという大容量バッテリーの搭載が特徴となっており、付属ケーブルで他の機器を充電することも可能だ。とは言え、厚みは8.7mmで重量は156g。一般的な5.2型モデルと比べても、せいぜい10gほどしか重くなく、あらかじめ知っていないと、特段に「重いスマホ」と感じることはなさそうだ。

11
11
メタリックな塗装を採用し、エントリークラスながら安っぽさはない
11
11
大容量バッテリーを搭載しながら、それゆえの厚みや重さを感じることはあまりない。付属ケーブル経由でモバイルバッテリー的に利用することも可能だ
11
11
指紋センサー一体型のホームキーの左右にタッチ式の「戻る」「履歴」があるのはZenFoneシリーズの定番。本体下部のUSB端子はmicroUSB

 主なスペックは、HD解像度(720×1280ドット)の5.2型IPS液晶、Snapdragon 430(1.4GHz、オクタコア)、3GBメモリー、32GBストレージ、指紋センサー、Android 7.1.1など。決して高性能というわけではないが、税抜2万4800円のモデルと考えれば妥当なところ。実際の操作感も大きな不満が生じるわけではない。デザイン面も同様。メタリック仕上げの筐体は高級感があるとまではいいにくいが、安っぽさもなく実用的なもの。サンライトゴールドのカラバリも好印象だ。

11
カラバリはネイビーブラック、サンライトゴールド、ローズピンクの3色
11
11
3GBメモリー、32GBストレージなので余裕あり。PCMarkのStorageテストでは若干遅めの結果に

 魅力的なのはネットワーク面で、DSDSに対応するだけでなく、nanoSIMスロット×2+microSDスロットのトリプルスロット仕様となっている。また、今後auとY!mobileのVoLTEにも対応予定で、国内主要3キャリアのネットワークが利用可能になる。

11
左側面にピンを刺すと、長いトリプルスロットが出てくる。microSDを増設しながらのDSDSに対応

 ZenFone 4シリーズと言えば、カメラ。特にデュアルカメラ搭載が共通の特徴だ。本機はリアのメインカメラが13メガ+5メガの組み合わせで後者は広角レンズを採用する。たくさんの知人と写真を撮ったり、観光地で大きな被写体を撮りたい機会は確実にある。そういう場面で大いに威力を発揮するはずだ。

11
11
リアのカメラがデュアル仕様。フロントにはLEDのフラッシュも
11
11
広角側のカメラは5メガという画素数相応の画質という印象だが、実際の場面では便利に使えそうだ

 ZenFoneのブランドと機能を受け継いだエントリーモデルとして、SIMフリースマホ市場の人気モデルに確実になるであろう1台と言える。


■関連サイト