ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略

ニューグローバリゼーションに
向けた組織構造変革

大西 俊介
【第4回】 2018年1月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

連邦制とは何か

 企業の組織を構成する軸は大きく2つあり、機能別組織と事業別組織に分かれます。機能別組織は販売、調達、生産、経理、人事といった会社の全体のビジネスプロセスを構成する機能ごとに組織を割り当てるやりかたです。事業別はその名の通り、事業単位に組織を構成します。

 ところがグローバル企業の場合はこれに加えて、もう1つ組織構成軸が加わってきます。これが国とか地域の類です。国と事業と機能、そして、どれを優先するかということはマネジメントの考え方に依存します。

 ただし、事業や機能は人が恣意的に成立させるものですが、国や地域は自然発生的な集約単位に近く、言語や文化、観光や法規制といった共通性を有します。ですから国を第一義の組織軸にとらえることに対して親近感を感じる人が多いはずです。

 グローバル企業における連邦制型の組織構成は国を軸に構成された組織を本社組織が束ねる形です。現地法人の集合体というようなイメージでとらえてもいいかと思います。この場合国毎に形成される現地法人の中に、事業軸、昨日軸のサブユニットが存在します。もちろんグローバル視点で見れば、共通機能(経理、人事等)、本社視点での事業軸が存在します。

単一企業体

 これに対して、単一企業体は世界地図を1つの国に見立てて、組織やバリューチェーンを設計することになります。本社機能は集約し、生産拠点も経済性や地政学的見地から集約的に設定されます。それぞれの地域は市場であり、営業拠点としての位置づけになります。全体の事業ポートフォリオマネジメント。リソースマネジメントはヘッドクォーターが大きな権力をもって統制します。事業単位の戦略策定と遂行も国を跨って行われます。それぞれの組織構成のイメージを図にすると下のようになります。(図1)

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

大西 俊介
[インフォシスリミテッド 日本代表]

おおにし・しゅんすけ/1986年、一橋大学経済学部卒業後、同年日本電信電話株式会社に入社、株式会社NTTデータ、外資系コンサルティング会社等を経て、2013年6月より、株式会社NTTデータ グローバルソリューションズの代表取締役に就任。通信・ITサービス、製造業界を中心に、海外ビジネス再編、クロスボーダーな経営統合、経営レベルのグローバルプログラムの解決等、グローバル企業や日本企業の経営戦略や多文化・多言語の環境下での経営課題解決について、数多くのコンサルティング・プロジェクトを手掛ける。NTTデータグループの日本におけるSAP事業のコアカンパニーの代表として、事業拡大に貢献した。SAP2017年1月1日、インフォシスリミテッド日本代表に就任。著書に「グローバル競争を勝ち抜くプラットフォーム戦略」(幻冬舎)等がある。

グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略

グローバル化とその揺り戻しともいえる保護主義が錯綜する世界のビジネス環境。そこで生き残る企業の条件を、外資系IT企業日本代表の立場で論考する。

「グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略」

⇒バックナンバー一覧