ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略

ニューグローバリゼーションに
向けた組織構造変革

大西 俊介
【第4回】 2018年1月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
6

未来志向で組織をデザインする

 ニューグローバリゼーションの到来にあわせて、構造変革を進めているグローバル企業がすでに多く存在します。これに対して、日本企業は小手先の対策しかとられていないようにも見えます。保護主義的風潮の強い国に対して投資をするのは聞こえはいいのですが、これと合わせて企業全体の(グローバルの)バリューチェーンを変革し、プロダクトポートフォリオを再検討すべきではないでしょうか。いまだに連邦制の制約の中でひたすら考え続ける企業もあることを考えると、2周遅れの状況になってきているのではないでしょうか。

 大企業の組織論について、もう1つ処方箋を考えないといけないことがあります。それはイノベーションとの親和性、つまり大企業がどのようにイノベーションを誘発し、それをとりこんでいくかということについてです。イノベーションファンドを設立したり、北米にラボを設立したりする取り組みは見られます。しかし、結局スタートアップと大企業はカルチャーが異なるため、それぞれは交わることはなく、結論としては、エコシステムの形成ということになっているように思います。

 エコシステムという言葉は、現在非常に便利に使われています。多くのコンソーシアムはプロフィットシェアをうまく処理できていません。ですからここにはなんらかの新たな組織論的な建付けが必要になってくるはずです。こちらはまだ具体的な処方箋を述べることができないのですが、このようなことも含め、組織構造は未来志向でタイムリーに変革を繰り返していかなければいけません。

 いくつかの例外を除き、いい加減日本企業は制約を理由にして、既存権益を保護しようとする考えを捨てるべきです。未来は現在の経営者のものではないのですから。

 次回は、ニューグローバリゼーションと合わせ、この国の根源的な状況に際し、日本企業はどう対処すべきか話をしたいと思います。

previous page
6
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

大西 俊介
[インフォシスリミテッド 日本代表]

おおにし・しゅんすけ/1986年、一橋大学経済学部卒業後、同年日本電信電話株式会社に入社、株式会社NTTデータ、外資系コンサルティング会社等を経て、2013年6月より、株式会社NTTデータ グローバルソリューションズの代表取締役に就任。通信・ITサービス、製造業界を中心に、海外ビジネス再編、クロスボーダーな経営統合、経営レベルのグローバルプログラムの解決等、グローバル企業や日本企業の経営戦略や多文化・多言語の環境下での経営課題解決について、数多くのコンサルティング・プロジェクトを手掛ける。NTTデータグループの日本におけるSAP事業のコアカンパニーの代表として、事業拡大に貢献した。SAP2017年1月1日、インフォシスリミテッド日本代表に就任。著書に「グローバル競争を勝ち抜くプラットフォーム戦略」(幻冬舎)等がある。

グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略

グローバル化とその揺り戻しともいえる保護主義が錯綜する世界のビジネス環境。そこで生き残る企業の条件を、外資系IT企業日本代表の立場で論考する。

「グローバル競争を勝ち抜く組織人材戦略」

⇒バックナンバー一覧