橘玲の世界投資見聞録 2018年2月1日

映画『捜索者』を観たときの強い違和感と陰惨な印象の正体
[橘玲の世界投資見聞録]

やがてコマンチだけでなくすべてのインディアンが“民族浄化”の対象となった

 開拓民とインディアンとの「文明の衝突」の最前線は、メキシコから独立して「共和国」になったばかりのテキサスだった。

 2代目テキサス大統領ミラボー・ラマーは、「森に棲む野蛮な人食い部族が殺戮をやめず、虎やハイエナのごとき獰猛さでわれわれを襲いつづけるのなら、断固たる報復をすべきである。われらが目的とは、彼らの殲滅、もしくは完全な駆逐である」と述べて、“ジェノサイド”のための白人部隊を創設した。これが西部劇に出てくる「騎兵隊」だ。

 皮肉なのは、この戦いにおいてインディアンと白人の双方が相手を非人間的な動物と見なしていたものの、じつは彼らがとてもよく似ていたことだ。お互いにライフル、ピストル、トマホーク、弓矢で殺し合い、ルールや限度もなく、非戦闘員という概念もなく、相手のみならずその家族をも皆殺しにするのを当然とした。相手に最大限の苦痛と屈辱を与えなければ、勝利とはいえなかった。

 コマンチの残虐行為を形容するにあたって、テキサス人は“損壊”という言葉を使った。彼らにすれば、コマンチの所業は文明人の戦争行為ではなく、「野獣によるあさましくも原始的な捕食行為」だった。それをやめさせるには、捕食者を檻に閉じ込めるか、殺すしかなかった。

 標的はコマンチにとどまらなかった。テキサスの強硬路線の支持者たちは東テキサスで帰順した友好的なインディアンまでコマンチと同列に見なした。1839年の夏、耕した農場と集落から“自発的”に退去すべしという政府命令にチェロキー族が抵抗すると、2日間にわたって略奪と虐殺の戦いをしかけて追い出し、彼らの家屋と農地を焼き払った。

 白人部隊はなおも地域一帯の掃討作戦をつづけ、チェロキー、デラウェア、ショーニー、カド、キッカブー、セミノール諸族の集落を焼き払った。インディアンの逃げたあとには白人の入植者たちが素早く移り住んだ。こうして“民族浄化”は完成した。

 これが『捜索者』の背景で、このように説明されてようやく映画を観たときの違和感の正体がわかる。

 コマンチの襲撃で兄の一家が殺され、子どもたちが拉致されたと知ってもイーサンが冷静なのは、ジョン・ウェインが大根役者だからではなく、当時はそういうことがいくらでも起きていたからだ。イーサンの相棒となる若きマーティン・ポリーがインディアンとの混血児なのは奇をてらったわけではなく、白人女性が頻繁に拉致されているのだから、インディアンとのあいだに子どもが生まれるのは珍しくなかった。

 映画では、イーサンはコマンチの言葉を話すにもかかわらずインディアンを異常に憎悪しており、姪のデビーが拉致されたまま大人の女になった頃には、彼女を見つけたら殺そうと考えている。マーティンはそれを止めるために、イーサンから離れずに捜索をつづけるのだ。

 主人公のこの歪んだ執念が『捜索者』に勧善懲悪ではない深い陰影を与え、後世の再評価につながったのだろうが、ここにもちゃんとした理由がある。それは、拉致された女の子が大人になってから「救出」されることが実際に起きたからだ。だがこの話は次回にしよう。

西部劇の舞台となったアリゾナ(化石の森国立公園)   (Photo:©️Alt Invest Com) 

 

橘 玲(たちばな あきら)

橘玲のメルマガ 世の中の仕組みと人生のデザイン

 作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ヒット。著書に『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』『橘玲の中国私論』(ダイヤモンド社)『「言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)『幸福の「資本」論 -あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』(ダイヤモンド社刊)など。最新刊は『80's エイティーズ ある80年代の物語』(太田出版)が好評発売中。

 


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。