ヨーロッパの高級シャツには
胸ポケットがなぜないのか?

 皆さまは、シャツの胸ポケットの中に物を入れているでしょうか。携帯電話やスマートフォン、ボールペンなどを入れているという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 確かに、胸ポケットは取り出しやすく便利かもしれません。ただ、周りの人は膨らんだポケットを見て、どのように思うでしょうか。決してスマートには見えないと思うのです。

 さて、このシャツの胸ポケットですが、元々はありませんでした。なぜなら、シャツは下着として着られていたから。だからこそ、今でもヨーロッパの高級シャツにはポケットがついていません。この背景からも、胸ポケットに物を入れるのは控えた方がいいのです。

 もちろん、利便性を求めて作られてポケットですので、絶対に物を入れてはいけないとは言えません。ただ、皆さまが、スマートに見られたり、仕事ができる人だと思われたいのであれば、シャツの胸ポケットには物を入れないほうがいいでしょう。

 ペンなどは、ジャケットの内ポケットに入れるようにしてください。クールビズなど夏場でジャケットを着ない時期は、バッグの中に入れてくださいね。

 正しい知識を身に付けることによって清潔感のあるスマートな着こなしを身に付けましょう。