北朝鮮が五輪後にどのような態度に出るかが問題だ、とある米高官は言う。同国はこれまで、ミサイル・核プログラムを放棄する交渉に応じる姿勢を示してはいない。

 開会式では、南北合同チームとして一緒に入場行進した両国の選手たちに、文大統領と与正氏が立ち上がって拍手を送る一方で、ペンス米副大統領は着席したままだった。

 歴代の米共和党政権に仕えた国際問題専門家ダグラス・パール氏は、「五輪の雰囲気に飲み込まれないようにするのは困難」なため、北朝鮮は宣伝できる有利な状況を利用したとの見方を示した。

 だが、国内の保守派や同盟諸国が北朝鮮の核の脅威に黙っているわけがなく、文大統領が融和ムードを維持するのは困難だろう、と同氏は語った。

日本には悪夢か

 五輪における南北間の融和ムードは米韓のみならず、日韓の関係も悪化させている。日本は、北朝鮮に圧力を強める米国主導の取り組みに同調している。

 開会式で時折不愉快そうに見えた日本の安倍晋三首相は、米韓合同軍事演習は五輪後すぐに再開されるべきだと文大統領に伝え、韓国の反感を買った。

 北朝鮮が平昌五輪に参加する道を開くため、韓国は毎年2─3月に行われている米国との合同軍事演習を五輪が終わるまで延期した。

 韓国大統領府によると、安倍首相は米韓合同軍事演習を延期すべき時ではないと述べ、それに対し文大統領は、これは内政問題であり安倍首相が提起するのは適切ではないと返答したという。

 日本はこの軍事演習に参加していないが、同国は北朝鮮のミサイルの射程圏内に位置しており、こうした脅威において米軍とその軍備に大いに依存している。

 国際政治が専門である拓殖大学の川上高司教授は、日本にとってこれは悪夢のシナリオだと述べ、北朝鮮は米国、日本、韓国を巧みに仲たがいさせようとしているとの見方を示した。

 また、ある日本の防衛省高官は、五輪における北朝鮮のほほ笑み外交は、弾道ミサイル・核開発が完成するまでの「単なる時間稼ぎの手段」である可能性を指摘した。