スタイルポートは1月31日、第三者割当増資で総額2.5億円前後を調達した。

50

 技術分野および営業分野での新たな人材の獲得、データ制作の効率化や体制構築、サービスの供給能力拡大、マーケティング機能の強化、操作性の改善や市場ニーズに合った機能開発などに活用する。また、AI技術の研究・開発でサービスの自動化なども実施するという。

 「Roov」は物件を3Dデータ化し、現地の物件に足を運ばなくとも内部の構造を閲覧可能。新築物件ではモデルルームがなくともWebで購入検討ができる。

■関連サイト