2月14日、米株式市場のインフレ懸念は大げさ過ぎたのだろうか。14日の米国株は、朝方発表された1月消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことで一時急落したが、その後持ち直して続伸で引けた。NY証券取引所で13日撮影(2018年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米株式市場のインフレ懸念は大げさ過ぎたのだろうか。14日の米国株は、朝方発表された1月消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことで一時急落したが、その後持ち直して続伸で引けた。

 1月CPIの前月比上昇率は0.5%と、前月の0.2%から加速し、市場予想の0.3%より高かった。それでも株価が上がったというのは、一見すると違和感を覚えるだろう。というのも株価が1月26日に付けた最高値から10%下落した一因は、物価上振れへの懸念とみなされており、今回のCPI発表を市場は身構えていたからだ。

 しかし投資家は、株高になった理由はいくつかあると指摘する。1つ目は、CPIの前年比上昇率がそれほど警戒感を生む内容でなかったことだ。変動の大きい食品とエネルギーを除くコアCPIは、前月比上昇率こそ0.3%と1年ぶりの高い伸びになったが、前年比は1.8%で12月と同じだった。

 さらにCPI発表後に、米国債利回りが株式市場にとってより大きな不安の種になるほどは跳ね上がらなかった面もある。