地デジ

 今年の12月1日からスタートする4K・8K放送。2011年の地デジ化からおよそ7年が経過し、薄型テレビの買い換え需要も増えている現在、4Kテレビへのグレードアップを検討している人も少なくないだろう。

 そんな人にとって、BS/110度CS放送で開始される4K・8K放送は気になるはず。

 4K・8K放送特集の第2回は「機材編」。4K・8K放送を視聴するために必要な機材について、詳しく解説していこう。

現行の4Kテレビで4K・8K放送を見るなら
対応チューナーを追加する必要がある

AVまとめ
シャープの8Kテレビ、LC-70X500。こちらも4K・8K放送のためのチューナーは内蔵しておらず、対応するチューナーを組み合わせる必要がある

 まず知っておきたいことは薄型テレビについて。現時点では4K・8K放送のための受信用チューナーが未登場で、現行の4Kテレビなどでは新規に4K・8K放送用チューナーを追加する必要がある。

 いずれは対応チューナーを内蔵した4Kテレビなども登場すると思われるので、4K・8K放送が本命という人はそうしたチューナー内蔵の4Kテレビの発売を待った方がいい。遅くとも年末までは各社から発売されるはずだ。

デル
デルの8Kモニター「UP3218K」。90度回転もできちゃう

 なお、8K放送を8K解像度で見たいなら、当然4Kテレビではなく8Kテレビを買う必要がある。現在シャープの70V型8Kテレビ「LC-70X500」が約100万円という価格だが、PC用ディスプレーに目を向けると、デルの31.5インチ8Kモニター「UP3218K」が約50万円という価格。UP3218KはHDMI入力がないのでそのまま対応できるとは思えないが、やや小さい画面サイズの低価格なテレビ、というのは期待できるかもしれない。

現行の4Kテレビでは4K・8K放送に完全対応できないモデルがある

東芝
2016年に発売された東芝「レグザ Z700X」。4Kフラッグシップモデルだったが4K・8K放送に完全対応できない

 では、現在4Kテレビを持っている人はどうすればいいのか。今後発売されるであろう4K・8K放送用チューナーを用意すれば、過去のモデルも含めて多くの4Kテレビで4K・8K放送の視聴が可能になる。ただし、完全対応ができるかどうかは、4Kテレビによって異なってくる。

 4K・8K放送の特徴は

  1. 4Kあるいは8Kの高解像度
  2. BT.2020の広色域
  3. HDR(ハイダイナミックレンジ)

 の3つだが、(1)や(2)については、よほど初期(2012年あたりに発売)の4Kテレビでない限りは対応する。

 問題は(3)のHDRへの対応だ。ここ最近の4KテレビならばほとんどがHDR信号への対応をうたっている(激安の4KテレビではHDRに非対応のモデルもあるので注意)。

 しかし、この「HDR」は基本的にUHD Blu-rayなどが採用した「HDR10」と呼ばれる方式のことを指している。

 一方、4K・8K放送で採用されるのは、「HLG」(ハイブリッド・ログ・ガンマ)と呼ばれる別の方式。このHLG方式の信号をHDMI入力で受け取れる機種となると、ほとんどが2017年以降発売のモデル(全機種ではない)となる。

パナソニック
パナソニックやソニーのデジタルカメラではHLG方式のHDRで動画を記録できる。このため、対応テレビが多い

 国内で4Kテレビを発売している各社ともアップデートによるHLG入力対応を済ませており、アップデート対応機種であれば4K・8K放送用チューナーを追加すれば完全対応できる。4Kテレビのアップデートによる対応状況は、各社のホームページなどを見て確認しよう。

 では、HLG方式に非対応の4Kテレビはどうなるか? HLG非対応なのでHDRの高輝度表示はできないが、HLG方式はHDRと従来の映像(SDR)との互換性があるので、HLG非対応でもSDRで放送の視聴はできる。

 4Kテレビなどの購入のタイミングや、HLGにも対応した4K・8K放送Readyと言える現行モデルの紹介は次回で行なうが、今4Kテレビを買う場合は、4K・8K放送への対応をよく確認しておくといいだろう。

4K・8K放送用チューナーにB-CASカードは不要になる?

地デジ
シャープの8K試験放送用チューナー。AVアンプほどのサイズだが、今年登場する実用放送向けは省スペースになっているはず

 4K・8K放送のための受信用チューナーはまだ発売されておらず、どのような商品形態になるのか具体的なところは不明だ。

 最低限わかっていることは、4K・8K放送用のチューナーを持ち、受信した放送信号をHDMIで出力する機能を持つということだけ。

 著作権保護のための技術は従来のB-CASカードのようなICカードではなく、機器にICチップの形で実装される「ACAS」というものになることが決定している。

 ただし、このICチップの出荷は今年の秋頃の予定で、機器の基板にICチップを実装するのは今年発売予定の製品では間に合わない可能性があるので、暫定的にICカード方式が併用されることも検討されているようだ。

単体のチューナーを買うかBDレコを買うか

AQUOS
2014年の4K試験放送開始時にシャープから発売されたデジタルレコーダー「TU-UD1000」。4K番組の録画はできなかった

 地デジ用チューナーなどの単体チューナーがUSB HDDなどを増設して録画も行なえるようになっている現状を考えると、4K・8K放送用チューナーも録画機能を持つ可能性は高い。

 安価な単機能タイプから録画可能なものまで、いくつかのタイプが登場することになるだろう。

 同様に、4K・8K放送用チューナーを内蔵したBDレコーダーも登場するものと思われる。BDへの録画規格も決まったことだし、BDへの保存を考える人ならば単体チューナーよりもBDレコーダーの方が便利だろう。

家庭によってはブースターや配線の交換も必要に

地デジ
単純に、部屋の外にアンテナをつけて受信するだけならアンテナとチューナー、ケーブルさえ揃えればなんとかなる

 受信用チューナーと同じく、新たに購入したり買い換えたりする必要があるのが、受信用のアンテナだ。

 前回紹介したように、4K・8K放送対応をうたうアンテナが必須。ただし、それだけでは不十分な場合がある。

 4K・8K放送は、左旋円の採用だけでなく、信号の帯域も拡大されるので、より広帯域に対応したブースターや分配器、配線用のケーブルが必要になるのだ。

地デジ
共同受信機器を利用する場合、機器が古ければそのほとんどを交換しなければならない場合も

 これについては、最近BS/110度CSアンテナなどの設置した場合はそのまま対応できることが多いようだ。交換するとしてもブースターだけで済むことが多いという。

 逆に10年以上前からBS放送を見ていたという場合は、ブースターだけでなくさまざまな機器の交換が必要になる可能性が高い。共同住宅で共同受信機器を介して受信したい場合は、ハードルが高いかもしれない。

 一戸建て住宅ならなんとかなるかもしれないが、4K・8K放送対応のBS/110度CSアンテナに交換するときに、電器店に相談するといい。電器店ではきちんと信号を受信できるかどうかを配線を含めてチェックする測定を行なってくれるので、アンテナの交換だけで済むか、配線も含めて交換が必要になるかを調べてくれる。

 BS/110度CSアンテナの交換は自宅の屋根に上がるなど作業は危険なので十分に注意したいが、作業自体は素人でも行なえる。しかし、受信した信号が正常かどうかの確認も含めると、電器店に依頼した方が安心だろう。

 電器店に依頼するとなると、放送がスタートする12月前後は同じような作業がたくさん入ってすぐに作業をしてもらえない可能性も出てくる。そのあたりも含めて、アンテナ交換を行なうならば早めに手を打っておいた方が安心だ。

オーディオ機器については従来からのものがそのまま使える

地デジ
2月中旬発売のデノン「AVC-X8500H」(税別価格 48万円)は13chものパワーアンプを搭載し、15本分のスピーカー端子を搭載する。22.2ch環境の実現に最も近いAVアンプだ

 ホームシアターシステムなどを組み合わせている人は、オーディオ関連の対応も気になるだろう。だが、こちらについては基本的に買い換えなどの必要はない。4K・8K放送でも、標準の音声フォーマットは、地デジなどと同じAAC音声となっているからだ。

 オプション的なフォーマットとして、AACロスレス音声も採用されているが、こちらについては、チューナー側でPCM出力すれば実用上は問題ない。

 また、NHKでは4K・8K放送をスーパーハイビジョンという愛称で呼んでいるが、スーパーハイビジョンでは、最大22.2chのサラウンド音声方式もある。

 もしもこの22.2chサラウンドが実際に使われるならば、対応するAVアンプやサウンドシステムがないと再生できないが、現在のところ対応した製品は存在しない。

 22.2chサラウンドを家庭で実現できる人がどれだけいるかもわからないし、これについては対応する製品が登場してから買い換えが必要かを検討すればいいだろう。

次回は今買うならおススメの製品を紹介

 本文でも述べたが、今慌てて機器をそろえなくても、少し待ったほうが選択肢は広がるし確実だと思う。それでも、今から準備しておきたいという人のために次回はおすすめの製品を紹介していく。