地デジ

 12月1日にスタートする4K・8K放送を見るため、本特集では基礎知識必要な機材について解説してきた。

 今回は4K・8K放送を見るのにもっとも重要な薄型テレビについて、対応できそうな製品(4Kテレビ)を具体的に紹介していこう。

4K・8K放送に本格対応したテレビは秋以降に登場
外付けチューナーで現行機種も対応できそう

 現在のところ、4K・8K放送用チューナーを内蔵した薄型テレビは発売されていない。発売されるのは早くても夏以降、おそらくは秋から年末になると思われる。

 これは、現行の4K・8Kテレビと組み合わせて使う単体の受信用チューナーなども同様だ。

 チューナー内蔵の薄型テレビならば、アンテナや配線の準備さえ整っていれば、4K・8K放送をすぐに楽しめる。

 外付けチューナーとの接続も不要なので使い勝手はいい。ただし、発売直後のモデルを購入することになるので、価格は高めとなるだろう。現在の薄型テレビの価格で言えば、中高級機と同じかそれ以上の価格になると考えられる。

 高価な最新モデルではなく、価格のこなれた現行モデルのほうが予算的にも安価になるが、単体で4K・8K放送は見られないし、外付けチューナーを付けたからと言って見られる保証もない。

 それでも、外付けチューナー、あるいは4K・8K放送対応のBDレコーダーなどを追加するならば、現行の4K・8Kテレビでも完全対応が可能と思われる。

 現行の薄型テレビで視聴する場合、理屈上は4K以上の解像度を持ち、HDRのHLG方式の信号入力に対応していれば、4K・8K放送のよさを味わうことができる。

 現行機種の4K・8K放送への対応については今後順次アナウンスされていくと思うが、ここからはおそらく視聴できるであろう製品についてメーカー別に紹介していく。

4K・8K放送に対応できそうな現行4K(8K)モデル シャープ編

地デジ
シャープの8Kテレビ「LC-70X500」

 ここからは薄型テレビを発売している各社の現行モデルで、4K・8K放送に対応できそうなモデルを紹介する。

 まずは世界でも唯一の8Kテレビ、シャープの「LC-70X500」(実売価格 100万円前後)。8K解像度の液晶パネルを搭載し、4K・8K放送のためのチューナーとの接続用のHDMI入力も備えている。

 もちろん、現行の地デジなどの放送の視聴や多彩な4K動画配信サービスに対応するなど、機能としても最高レベルのものとなる。

 シャープのラインナップのうち、チューナーなどの追加で4K・8K放送に対応できるのは下記のモデルとなる。基本的に2016~2017年発売の現行モデルだ。

 ただし、すべてのモデルで、HDMI入力からのHLG方式の入力に対応しているかどうかについては不明。HLG方式はHDRとSDRの互換性があるので視聴に支障はないが、HLG対応でないと完全対応とは言い難い。この点については、十分な確認が必要だ。

地デジ
4Kフラッグシップモデル「XD45」。2016年モデルで店頭在庫が少なめ。55V型のみで20~30万円程度で販売されている
地デジ
AI搭載でおススメ番組などを音声で教える「UH5」。Android TV搭載。60V型(実売33万円前後)と55V型(同30万円前後)がある
地デジ
UH5と同じAI&Android TV搭載のミドルクラスモデル「US5」。画質・音質面でUH5の下位モデルという位置づけ。60V型(実売30万円前後)、55V型(同26万円前後)、50V型(同19万円前後)がある
地デジ
直下型LEDバックライト搭載の「US4」。サイズは70V型(実売43万円前後)のみ
地デジ
回転式スタンドを採用する「US45」シリーズ。サブウーファーによる迫力のある音が楽しめる。60V型(実売23万円前後)、55V型(同22万5000円前後)、50V型(同17万円前後)、45V型(同15万円前後)がある
地デジ
同社の4Kテレビで一番価格がお手頃な「U45」。60V型(実売18万円前後)、55V型(同14万円前後)、45V型(同9万5000円前後)、40V型(同9万円前後)がある

4K・8K放送に対応できそうな現行4Kモデル ソニー編

ソニー
ソニーの有機ELテレビ「A1」。板のようなデザインが特徴。77V型(実売256万円前後)、65V型(同70万円前後)、55V型(同45万円前後)と3つのサイズが用意されている

 ソニーも現行の4Kテレビはすべて4K・8K放送対応となる。これも将来発売される4K・8K放送用チューナーを接続すれば視聴が可能になるという意味で、HDMI入力からのHLG信号対応であるかどうかの具体的な情報は公開されていない。

 すべてのモデルがスカパー!プレミアムサービス用のチューナーは内蔵しており、内蔵チューナーならばHLG信号にも対応するが、HDMI入力からのHLG信号を入力できるかどうかは不明。

 ちなみに、同社のデジタル一眼「α7R III」はHLG方式のHDR動画撮影に対応するが、それをテレビで見る場合はHDMI接続ではなくUSB接続となる。アップデートなどで対応可能かどうかについては、個別に確認する必要がある。

 おすすめと言える代表的なモデルは、有機ELテレビの「A1」シリーズ。フォトスタンドのように画面を背後のスタンドで支える大胆なデザインを採用し、スピーカーも前面のガラス板を振動させて音を出す「アコースティック・サーフェス」という技術で、今までにないスタイルを実現した。

ソニー
2016年発売の液晶フラッグシップモデル「Z9D」。直下型バックライトのLED1つ1つを制御する。受注生産の100V型は税別700万円だ。このほかに75V型(実売100万円前後)、65V型(同65万円前後)がある
ソニー
Z9Dと同じ画像処理エンジンを採用する「X9500E」。エッジ型バックライトながら直下型のような部分駆動を実現。65V型(実売43万円前後)、55V型(同28万円前後)を用意
ソニー
直下型LED&部分駆動の高画質モデル「X9000E」。65V型(実売37万円前後)、55V型(同21万円前後)、49V型(同17万円前後)がある
ソニー
4Kミドルクラスモデルの「X8500E」。ラインナップは75V型(実売46万円前後)、65V型(同28万円前後)、55V型(同18万円前後)
ソニー
4Kの小画面モデルを展開する「X8000E」。49V型(実売12万円前後)、43V型(同10万円前後)の2モデルで手が出しやすい価格となっている

4K・8K放送に対応できそうな現行4Kモデル 東芝編

レグザ
東芝の有機ELテレビ「X910」。65V型が実売59万円前後、55V型が同37万円前後だ

 東芝については、有機ELテレビと液晶テレビの最上位モデルとなる「X910」「Z810X」シリーズで、HDMI入力からのHLG方式の入力がアップデートにより対応済み。

 この2シリーズについては完全対応と言えるので安心できる。そのほかのモデルを見ると、「BZ710X」シリーズがスカパー!プレミアムサービス用のチューナーを内蔵するのでHLG方式には対応するが、HDMI入力からでも対応するかどうかは不明だ。

 完全対応となるX910シリーズとZ810Xシリーズは、表示パネルが有機ELか液晶かの違いで、高画質エンジンも「レグザエンジンBeauty PRO」で、パネルに合わせた最適化を行なっているが基本的には同等と言えるもの。

 それぞれのパネル性能を活かした高画質設計はもちろんだが、対応するUSB HDDの増設で地デジ6chを全録できる「タイムシフトマシン」機能を備えているほか、独自のクラウドサービスへの対応や遅延の少ないゲームモードなど、多彩な機能を備えている。

東芝
4K液晶のフラッグシップモデル「Z810X」。全録機能と直下型LEDバックライトを搭載。65V型(実売40万円前後)、58V型(同25万円前後)、50V型(同21万円前後)を用意する
東芝
「バズーカ」の名を冠した重低音オーディオが特徴の「BZ710X」。55V型(実売19万円前後)、49V型(同16万円前後)がある
東芝
4Kミドルクラスモデルの「M510X」。オンキヨーと共同開発したフロントスピーカーを採用。58V型(実売17万円前後)、50V型(同12万5000円前後)、40V型(同10万円前後)を用意する
東芝
4Kエントリーモデルの「C310X」。49V型(実売12万円前後)、43V型(同10万円前後)の2種類がある

4K・8K放送に対応できそうな現行4Kモデル パナソニック編

パナソニック
パナソニックの有機ELテレビハイエンドモデル「EZ1000」。77V型(実売257万円前後)と65V型(同75万円前後)をラインナップする

 いち早く2018年の春モデル「FX750」「FX600」シリーズを発表したパナソニック。

 新モデルも4K・8K放送用のチューナーは内蔵しないが、HDR信号については、UHD Blu-rayや動画配信サービスで採用されているHDR 10方式、4K・8K放送で採用されるHLG方式のどちらにも対応。HDMI入力から信号入力にも対応している。

 なお、現行モデルについては、同社のデジタル一眼カメラ「LUMIX GH5」のHLG入力対応機種として、EZ1000/EZ950/EX850/EX780シリーズが挙げられているので、おそらく対応できるのではないかと思う。今後チューナーが発売されれば、そのあたりの正式な対応情報も公開されるだろう。

パナソニック
EZ1000の下位となる有機ELテレビ「EZ950」。オーディオシステムが異なる。65V型(実売54万円前後)と55V型(同36万円前後)を用意
パナソニック
高輝度液晶を採用した4K上位モデル「EX850」。60V型(実売37万円前後)と55V型(同29万円前後)、49V型(同26万円前後)がある
パナソニック
回転スタンドを採用したミドルクラスモデル「EX780」。65V型のみで実売価格は35万円前後
パナソニック
2月23日発売の2018年モデル「FX750」。位置づけとしてはスタンダードモデルとなる。55V型(実売28万円前後)、49V型(同24万円前後)、43V型(同20万円前後)を用意
パナソニック
同じく2月下旬発売の2018年モデル「FX600」。FX750の下位モデルで、画像処理エンジンと音声操作機能が異なる。55V型(実売21万円前後)、49V型(同18万円前後)、43V型(同15万円前後)を用意

4K・8K放送に対応できそうな現行4Kモデル LGエレクトロニクス編

LG
3.9mmという極薄の有機ELテレビ「OLED C7P」。65V型(実売38万円前後)と55V型(同25万円前後)があり、ハイエンドモデルながら他社の有機ELテレビより割安感がある

 最後はLGエレクトロニクス。世界初の有機ELテレビの発売メーカーであり、豊富なラインアップを展開している。

 多彩なラインアップでも画質・音質的な性能は同等となっており、画質面ではDolby Visionへの対応、音質面ではDolby Atmos対応と、最新鋭のグローバルトレンドをとらえた機能を備えている。

 4K・8K放送への対応についても、液晶テレビを含む2017年発売モデルのすべてがHDMI入力からのHLG方式への対応を将来のアップデートで更新することを公表している。

 対応の可否がきちんとわかるようになっているのはありがたいし、有機ELテレビのほとんどが完全対応となる予定であるのは、すでに購入したユーザーはうれしいだろう。

LG
ガラスと一体化したようなデザインが特徴の有機ELテレビ「OLED 65E7P」。65V型のみで実売価格は65万円前後
LG
スリムデザインの有機ELテレビ「OLED C7P」。65V型(実売48万5000円前後)と55V型(同29万円前後)を用意
LG
4K液晶テレビの上位モデル「SJ8500」。HDRはDolby Visionに対応。65V型(実売24万円前後)、60V型(同20万円前後)、55V型(同17万円前後)がある
LG
SJ8500よりも小画面のモデルをそろえる「SJ8000」。オーディオが異なるがそれ以外は同等。55V型(実売14万円前後)、49V型(同12万⑤000円前後)を用意する

放送以外でも8K!? インターネットで見られる8Kコンテンツ

youtube
YouTubeではすでに8Kのコンテンツがアップロードされている

 最後に8Kコンテンツについて抑えておこう。特集の本題でもある4K・8K放送でも、8K放送を行なうのは現在のところNHKの1チャンネルのみ。

 8K映像に興味はあるが、コンテンツがあまり多くないようならば、8Kテレビを買うまでには至らないのが人情。だが、インターネットの世界も見渡せば、放送以外でも8Kコンテンツを楽しむ機会は着実に増えてきているのだ。

 その代表例がYouTube。誰もが知っている動画共有サービスだ。以前も4Kテレビが登場しはじめた当初から4K動画の配信にいち早く対応するなど、新技術への対応が素早い。

 8K動画の配信にもすでに対応済みで、対応する環境があれば8K動画を楽しめる。8Kテレビやモニターを所有している人は極少だと思うが、興味のある人は見てみるといいだろう。

 そして、世界初の8Kテレビを発売したシャープも、同社の液晶テレビ「AQUOS」向けのサービスとして、8K動画配信サービスを2018年度に開始することを発表した。

 2017年は各社が有機ELテレビに参入し、液晶にこだわるシャープとしては苦しい面もあったが、8Kテレビの発売や8K動画配信サービスで、8Kテレビの普及を目指していく模様。有機ELと液晶による4Kテレビと8Kテレビの対決も楽しみになってくる。

 というわけで、今年の12月に向けて、4K・8K放送を中心に次世代の映像コンテンツがますます注目を集めてくるはず。

 4K・8K放送チューナーやレコーダーの発売、チューナー内蔵テレビの登場なども夏以降に活発になってくる。その大きな波に乗り遅れないように、今からしっかりと準備を進めておこう。