Huaweiが再び米国政府の中国叩きの矢面に立たされている。2月に入って、中央情報局(CIA)、国家安全保障局(NSA)などの米国の主要な情報機関が、HuaweiとZTEのスマートフォンに対し、「米国の市民はこれらの企業の製品を使わないことを推奨する」と警告したのだ。

11
CESの基調講演における端末部門トップのRichard Yu氏。米国進出を大々的に宣言するはずだった?

CESではAT&Tらがドタキャン
キャリア提携は実現せず

 1月に米ラスベガスで開催されたCES。Huaweiは大きな展示スペースを設け、Huaweiのデバイス事業を率いるRichard Yu氏は基調講演のステージに臨み、最新フラグシップの「HUAWEI Mate 10 Pro」の米国ローンチを発表した。各メディアはYu氏のスピーチを大きく取り上げたが、米国ではHuaweiはアウトサイダーだ。

 世界スマートフォン市場では安定した3位のHuawei、だがそのシェアのほとんどは米国外だ。本拠地の中国、日本を含むアジア、欧州などが同社スマートフォンの主要市場となっている。

 同時期、米国最大手のキャリアであるVerizon Wirelessのキャリアショップを訪問したが、Apple、Samsung、LG、Motorolaなどのロゴは見えても、Huaweiはない。ショップのマネージャーに「Huaweiのスマートフォンは?」と聞いても、「その名前は聞いたことがないなあ」という答えが返ってくる。米国の多くの人にとってHuaweiを知らないし、読み方もわからない状態なのだ。

 だからこそ、Yu氏のスピーチは、計画通りに進めばHuaweiにとって重要なスタートとなるはずだった。

すでにネットワークインフラではずっと厳しい対応に

 Huaweiは米国の戦略を慎重に進めてきた。というのも、主力のネットワークインフラ機器では2012年に米上院に「国家保安の懸念があり、機器やサービスの調達を推奨しない」という勧告が米国キャリアに向けて出されている。

 最大の理由は、Huaweiの創業者であるRen Zhengfei氏が以前に中国の人民解放軍に属していたからというもので、中国政府との関与があるという憶測につながった。Huaweiは「懸念が正しいことを実証する情報や証拠がない」とするコメントを出し、米国市場で積極的に通信機器事業を展開していない(それでも米国のキャリアのいくつかはHuaweiの機器を導入しているようだが)。

 2014年にはHuaweiは米国政府の契約に入札することが禁じられている。

 このような状況が土台にあり、Huaweiのデバイス事業は最初から米国市場で積極展開してこなかった。そして10%を上回るシェアとともに世界3位のポジションを確固たるものにした後、米国に入るにあたってHuaweiはキャリアとの提携を試みた。そしてAT&TとともにHUAWEI Mate 10 Proを売り込むことができると思ったが。

 CESの直前にAT&TはHuaweiとのデバイスの契約を撤回したと報じられている。Wall Street Journalらによると、AT&Tに対して政治的なプレッシャーがあったようだ。そしてVerizonについても同じことが起こったようだ。

”最大の損失はコンシューマーに”
HuaweiのYu氏は語るのだが

 晴れの舞台となるはずだった、CESでのYu氏の基調講演は1時間を超えていた。HUAWEI Mate 10 Proの機能紹介を終えた後、スライドは事前予約の画面に。BestBuy、Amazon、Microsoftなどのロゴが並ぶが、キャリアのロゴはない。Yu氏は「キャリアの発表があると予想していた人がいるかもしれない」と切り出す。そして、「報道を見た人もいるだろうが、キャリアとの提携は実現しなかった」と語る。笑みを浮かべてはいるが、落胆は隠せない。

11
結局はいわゆるオープンマーケット、SIMフリースマホとしての米上陸となった

 CNBCによると(https://www.cnbc.com/2018/02/13/chinas-hauwei-top-us-intelligence-chiefs-caution-americans-away.html)、今回上院情報問題特別調査委員会に向けてHuaweiとZTEを名指しで批判したのは、CIA、NSA、連邦捜査局(FBI)など6機関という。FBI長官のChris Wray氏による「米国と価値観を共有しない外国政府の恩義を受けた企業が、米国の通信ネットワーク内で力のあるポジションを確立することに深い懸念を抱いている」というコメントが引用されている。

 なお、Huaweiの端末は、そしてネットワークインフラ機器はプライバシーにうるさい欧州では問題なく利用されている。

 Yu氏は、インフラ機器で後発ながらまず中国で信頼を獲得し、その後に新興国や欧州、日本のキャリアが採用するに至ったこと、6年前にゼロからスタートした端末事業もさまざまな地域のユーザーが利用していると語っている。国にすると170を上回るという。そして、「多くの米国の人がHuaweiを知らない。米国では90%がキャリアチャネルを経由しており、(今回のキャリアとの提携が実現しなかったことは、我々に取って大きな損失だが、キャリアに取っても大きな損失だ。何よりも最大の損失を被るのはコンシューマーだ」とした。

 「我々には最高の技術、最高のイノベーションがある。Huaweiはシンプル、透明性、オープンな企業だ」とYu氏、そして将来はコンシューマーがHuaweiを選び、キャリアがHuaweiを選ぶようになると期待を語った。

 Huaweiに勢いがある限り、米国は固くドアを閉ざすのかもしれない。


筆者紹介──末岡洋子

末岡洋子

フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている