3月5日、イタリア総選挙で新興組織「五つ星運動」は最大の勝者になった。写真はローマで記者会見する五つ星運動のディマイオ党首(2018年 ロイター/Alessandro Bianchi)

[ローマ 5日 ロイター] - イタリア総選挙で新興組織「五つ星運動」は最大の勝者になった。だが皮肉なことに、政権樹立のためにはこれまで批判対象としてきた既存政党と恐らく手を組まざるを得ず、非常に厳しい選択を迫られている。

 左右のイデオロギー色を消し去り、既存政治への不満を持つ有権者を取り込んだ五つ星にとって今回の選挙結果は、これ以上ないぐらいの上首尾だった。強力な中道右派連合の過半数獲得を阻止しただけでなく、単独政党としては2位に得票率で約13%ポイントの差をつけて首位に躍進。五つ星を外して政権を立ち上げるのは、不可能ではないにしても相当難しくなった。

 五つ星で最も人気がある政治家の1人、アレッサンドロ・ディバティスタ議員は「五つ星抜きの政権はあり得ない。誰もがわれわれを訪れ、話をしなければならなくなる」と胸を張った。

 実際に獲得議席数で計算すれば、ディバティスタ氏の正しさが分かる。五つ星を除外して政権を発足させるためには、実質的に他の全ての政党、つまり極右の「同盟」から現与党で中道左派の民主党(PD)までが連立を組むしかない。

 ただ五つ星も単独で政権を担当するほどの議席数は持たないため、つい最近まで排除してきた道を行く必要が出てくる。腐敗勢力でイタリア経済凋落の責任者だとこき下ろしてきた主要政党との妥協だ。

 五つ星のルイジ・ディマイオ党首にとって政権樹立には3通りの方法があるが、いずれも落とし穴がひそんでいる。1つ目は、やはり躍進して第2党となった同盟との連携。PDと手を結ぶのが2つ目で、最後は複数の政党と連立を組んで主導勢力となるやり方だ。