360Channelは2月28日、360度動画配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)」で、焚き火や暖炉で燃える「火」を360度カメラで撮影した動画『Fire~火~』を配信開始した。

145

 360度動画カメラで撮影しており、まるで自分が焚き火や暖炉の前にいるかのような体験ができる。自然の中で焚き火を見る『Campfire in the morning ~焚き火~』、夜の静寂の中で焚き火を眺める『Campfire at night ~焚き火~』、レトロな洋館の一室で暖炉を見る『 Fireplace ~暖炉~』を用意した。

 薪がパチパチ燃える音や、不規則に揺らめく炎はリラクゼーションの1つとして考えられているという。海外の国営放送では薪が燃える様子を放送し、高視聴率を獲得しているケースもあるとのこと。

■関連サイト