LUXMAN

 ラックスマンは3月6日、Raspberry Pi(ラズパイ)を内蔵したオーディオ製品のコンセプトモデル“AUDIO OSECHI BOX”(オーディオ・おせち・ボックス)「JU-01/02」を公開した。

 一般的なオーディオ機器ではデジタル回路部を独自に開発するが、これを数千円で買えるシングルボードコンピューターのラズパイで代用している。ラズパイではLinuxが動作し、ソフトの作り込みがしやすい。これにDAC回路などを追加すれば、高機能なオーディオ機器が手軽に作れるわけだ。

 JU(じゅう)の名称は、和食を盛り付ける「重」に由来する。AUDIO OSECHI BOXは、DAC機能を持つプレーヤー部「JU-01」とHDDなどを内蔵したストレージ部「JU-02」の2ピースで構成。利用時には重ねて設置できる。

LUXMAN
LUXMAN
漆塗りや蒔絵も検討して、試作もしたという

重箱をコンセプトにした小型オーディオを開発

 JU-01/02は幅と奥行きがともに重箱と同じ6.5寸(19.7㎝)。高さはそれぞれ50㎜ほど。筐体の下側にゴム脚、天板にへこみが設けられており、重箱のように重ねられる。

LUXMAN
重箱スタイル

 試作したDAC部とストレージ以外にも、スロットイン方式のCDドライブやヘッドフォンアンプの追加も検討しているそうだ。なお、ラズパイにはEthernet端子やUSB端子があるので、JU-01単体でもネットワーク再生やUSBメモリーからの再生が楽しめる。

LUXMAN
LUXMAN
背面。今回はNASからのネットワーク再生をデモ。試作機のため、外部クロック入力のオン/オフスイッチはJU-02側にある

 ラックスマンの小島氏は「サイズはMac miniなどとも同じ大きさ。もともと人間のサイズに合わせて決められた(尺貫法に基づく)ものであるため、大きさも自然」と話す。企画当初は、重箱感を出すため、漆塗りや蒔絵での装飾も検討したが、現在のデザインに落ち着いた。ほかのラックスマン製品と親和性の高い、シルバーの金属製筐体だ。

LUXMAN
ラックスマンの小島氏

 D/A Converter BOXをうたう「JU-01」は、Raspberry Pi3を内蔵。さらに本格的な電源部やI2S接続のDAC回路部などを持つ。内蔵クロックは48kHz系(24.5760MHz)と44.1kHz系(22.5792)の2系統があるが、さらに外部クロック入力にも対応する。リアパネルを見ると左側にラズパイが標準で持つ端子、右側にRCA出力やクロック入力、電源端子がある。

LUXMAN

 DAC ICはバーブラウンの「PCM5122」を使用。ラズパイのI2Cから出力する際にはマスタークロック信号が出ないため、それなしで動かせる点も採用理由になったという。デジタルアウト用のデジタル・オーディオ・トランスミッターには「DIT4192」採用。こちらも同様の特徴を持つ。

LUXMAN
オーディオ部の使用パーツ

 オーディオメーカーとしてこだわったのが電源部だ。

 ラズパイを内蔵する関係で、システムとしてみた場合、1.5A~2.5Aと高い電流が必要となる。通常は省スペース・省電力化のため、スイッチングレギュレーターを使うが、ノイズを嫌い、リニアレギュレーターを使っている。コンデンサーに3300mAと容量が高いものを3つ使用する。ラズパイのGPIO(General Purpose Input/Output)端子のノイズ量で音質に影響が出ることが分かったため、配慮したそうだ。

LUXMAN
LUXMAN

 価格に関しては「DA-100と同等クラスの仕様ということもあり、この構成であれば5万円以上にはなるが、10万円を超えることない」とのこと。ただし現状ではあくまでもコンセプト機であり、デザイン・音質・機能などは、ヘッドフォン祭などの展示会を通じ、実際のユーザーの声を聞きながら詰めていくという。

ラズパイを使い、高音質・高機能な単品コンポを作る

 ラックスマンは、ワンボードオーディオ・コンソーシアムのボードメンバー。ワンボードオーディオ・コンソーシアムは、ラズパイなどシングルボードコンピューターを使ったハイレゾ再生機の筐体の仕様や規格を決めて、互換性を持ったモノやサービスを作ることをコンセプトにしている。オトトイ、共立電子産業、サエクコマース、ティアック、トップウィングサイバーサウンドグループ、バリュートレード、ブライトーン、ラックスマンが参画している。

 ポータブル向けでは、すでに同団体の規格「π-A1」を採用し、HAT準拠のカードを収められるアルミ製ケース「CASE 01」や、HAT準拠のDACボード「DAC 01」が販売中。バリュートレードが「AVIOT」ブランドで展開中の製品となる。

 一方コンソーシアムには「コンポーネントグループ」と呼ばれる据え置き機器を担当するグループもある。JU-01/02は、その最初の成果である。

 なお、高周波ノイズ対策などを意図して、デジタル回路であるラズパイ本体とオーディオ回路を分離する考え方にしている。コンソーシアムでは、これをそれぞれDEJIA=出島(ラズパイ部)とSHIKISHIMA=敷島(オーディオ回路部)と呼んでいるが、その橋渡しとなるインターフェース部分をUKISHIMA=浮島として統一し、ライセンス供与していく計画があるという。

ラズパイオーディオ用の軽量Linuxディストリビューションも

 同コンソーシアムの発足人でライターの海上忍氏は、シングルボードコンピューターのメリットとして、PCオーディオで一般的なUSB出力ではなく、I2S(アイスクエアエス)のサウンドバスに直結して音声信号を出力できる点を挙げる。DXDレベル(384kHz/32bit)の信号が通せること、Linuxを利用し、ハイレゾ再生にも余裕の性能を持つこと、そしてデジタル回路を新規に設計するより圧倒的に安価だとする。

LUXMAN
ラズパイオーディオの特徴
LUXMAN
海上忍氏
LUXMAN
USBメモリーに保存した1bc

 また、ラズパイオーディオ向けに「1bc」という独自の軽量Linuxディストリビューションも準備している。標準(Raspbian)との違いは、ノーマルカーネルではなく、リアルタイムカーネルを採用している点だ。「経験則から、リアルタイムカーネルは、レイテンシーが少なく、ジッター抑制に効果があるため選んだ」(海上氏)とのこと。

LUXMAN
ノーマルカーネルのレイテンシ
LUXMAN
リアルタイムカーネルのレイテンシ
LUXMAN

 音楽再生に使うMPD(Music Player Daemon)を最優先のプロセスに上げ、使用するコアの割り当ても決め打ちするといった調整を加えている。

 ほかにも、OSの動作時にクロックを上げるか下げるか、適切な電圧を何かなどを聞き比べながら試行錯誤し、パラメーターの調整をしているそうだ。DLNAにも対応。OpenHomeで手元にプレイリストを保存できる。コントロールは、アイ・オー・データ機器の「fidata Music App」やルーミンの「LUMIN App」、LINNの「Kazoo」といったスマホアプリが使える。

LUXMAN

 「音質向上にはコンフィギュレーションの試行錯誤が欠かせない。音の調整をしないとダメ。ラズパイだから音がいいとか、リアルタイムカーネルだから音がいいということではなく設定やパラメーターの詰めが必要」(海上氏)。

OSの違いや外部クロックによる音の変化をデモ

 ラックスマンの試聴室で、プリメインアンプのラックスマン「L-509X」やフランスフォーカルのスピーカー・UTOPIA III EVOシリーズ「Scalla Utopia EVO」を使って、OSによる音の違いや、外部クロック入力(エソテリックのG-02X)による音の違いなどをデモした。

LUXMAN

 組み合わせる機器のクオリティーもあり、素の状態でも堂々とした再生。能力の高さが引き出されていた。情報量が豊富で、ハイレゾ音源の持ち味がよく引き出されていた。

 JU-01ではUSBメモリーからラズパイのOSをブートする形をとっている。これを標準から1bcに変えると、アナログ的で優しい感じになった。ソースからトゲトゲしさが消えて、音が滑らかになる。例えばボーカルの再生は、子音の硬さや発音時のノイズなどが目立たずなじむ。温度感があり、ニュアンスが豊富で、全体にウォームな感じのまとまりになった。

LUXMAN

 一方、外部クロックのESOTERIC「G-02X」に変更すると、芯があって、重心のはっきりとした、メリハリ感のある音になった。なまりや濁りが消えた、いかにもHi-Fiオーディオ的な再生だ。

 音に関しては好みもあるので、ぜひ聴き比べてほしいが、一般的なプレーヤーと比較しても、一皮むけたような明晰な表現がある。JU-01のポテンシャルを感じる部分だ。

訂正とお詫び:外部クロックのメーカー名に誤りがあったため修正しました。(2018年3月8日)

より手軽な、差すだけのUSB再生もデモ

 コンソーシアムでは、さらにより手軽な再生を実現するため、ラズパイにexFATでフォーマットしたUSBメモリーを差せば自動再生、抜けば停止する「Music Plug&Play」の機能も提案中だ。

 オトトイ代表取締役の竹中直純氏が試作したプログラムを利用し、デモも行われた。

 USBメモリーはOSからデータを書き込まず読み込むだけであるためソフト的にも電気的にも安全。今後は曲順設定をしたり、ランダム再生ができるようにするなど、再生機能を強化していきたいとのこと。曲順設定で一番簡単なのはm3uファイルに書くことだが、ランダム再生などに対応したプレイリスト形式は現状で存在しないので、フォーマットを含めて考えていく必要がある。

LUXMAN
竹中直純氏

 「USBメモリーで著名なアーティストが楽曲をリリースすることはあるが、このレベルで簡単に再生できるものはない。逆に売っては見たものの、どうやってPCに移したり再生したらいいかという質問が殺到してサポートが困る面もあった。こういった仕組みが普及するのはアーティストにとってもメリットになる」(竹中氏)

 また、海上氏が自作したスキルを利用した、Alexa連携機能も披露した。ラズパイはLinuxベースであり、機能拡張を時間をかけず取り入れられる点も利点だという。

 ワンボードオーディオ・コンソーシアムの設立から1年。ラズパイを使ったオーディオ機器開発はまた一歩進んだようだ。