昨年末に発売された、DUNU-TOPSOUNDSの新作「Falcon-C 隼(以下、隼)」。カジュアルユースのイヤフォンがBluetoothへ移行する中、ワイヤードでイヤーモニター型、かつ価格も2万円台半ばとなれば、ついマニア専門の製品というイメージを持ってしまいがち。

 ところが、これが近来にない見どころの多いイヤフォンだった。もちろんハイコストパフォーマンスでならした、あのDUNUブランドの新作として納得の性能。加えて、それはいくつかの新しいフィーチャーと共に、このカテゴリーのイヤフォンに新しい基準を作ったようにも感じた。

いま有線イヤフォンでおすすめはコスパに優れた「Falcon-C 隼」
Falcon-C 隼。e☆イヤホンで2万4980円で販売している

ドライバ一発! 広帯域型

 隼の見どころは、まずハウジングに収まっているのが、9mm口径のダイナミック型、ただ一発のみということ。こんな値段なのにシングルのダイナミック型なのだ、しかも小ぶりの。

 この価格帯では、バランスドアーマチュアのマルチドライバーか、それにダイナミック型を組み合わせたハイブリッド構成が主流である。

 このドライバーは、カーボンナノチューブを振動板に使ったワイドレンジ型で、日本オーディオ協会のHi-Resマークが付いている。が、しかし、それも逆に不安材料でしかない。

 振動板の素材を変えたり、ボイスコイルの構成を変えてみたり、様々なメーカーが様々な手法で、ダイナミック型の広帯域化を図ってきた。中には成果を認められるものもあったが、それでもどこかにピークと、フラットさに課題が残るものばかりだった。

いま有線イヤフォンでおすすめはコスパに優れた「Falcon-C 隼」

マルチドライバーに負けない理由

 ところが隼をつないで聴いてびっくり。ダイナミック型一発で、マルチドライバーに優るとも劣らない、いや、ひょっとしたら優っているかもしれないとすら思えた。

 驚きは、ダイナミック型ならではの低域の厚みと同時に、高い解像感を保ったまま中高域がバランスを保っていること。従来の広帯域型ダイナミック型のような、高域成分の歪みや偏りのようなものは感じられない。

 そのうえ、シングルドライバーのイメージどおりに、音像のピントはシャープ。ここがマルチドライバーに優っているかもしれないポイントで、結果としてのステレオの音場感は、このイヤホンーのウリでもあるだろう。取り立てて音のキャラクターに特徴が感じられないのも、いいイヤフォンの証だ。つまり何でも聴ける。

 こうした特性を9mm口径のドライバーで達成できたこと、おかげでコンパクトなハウジングが成立したこと。隼の良さは、この2点に尽きる。

 マルチドライバーは、収めなければならないものの数が増えるので、当然ハウジングも大きくなる。しかもイヤーモニター型の場合、たいていは樹脂成形だから、ぽってりした形状になりがちだ。

 その点、隼は、単純なドライバー構成の利というべきか、リキッドメタルを使って、強くコンパクトにまとめている。無理のない形のため、耳掛け型ながら着脱性が良く、耳から外側へ向けての突起も小さいので、装着安定性も高い。まったくドライバーが一発で済んでしまうと、いいことしかない。

MMCX端子でリケーブル対応

 9mm口径のダイナミック型なら薬莢型のハウジングも成り立ったはずだが、あえてイヤーモニター型にしたのは、MMCX端子の利用を前提にしたからだろう。というわけで隼は汎用のMMCX端子採用で、リケーブルに対応する。

いま有線イヤフォンでおすすめはコスパに優れた「Falcon-C 隼」
いま有線イヤフォンでおすすめはコスパに優れた「Falcon-C 隼」

 付属ケーブルの耳に当たる部分にはチューブが被せてあって、あらかじめ弧を描くように整形してある。ワイヤーは入っていないが、ハウジング自体の安定度が高いので、これで十分。ケーブルの線材は6Nグレードの単結晶銅にシルバーコートしたものだそうで、4芯の編み込みタイプというちょいマニア仕様。

 比較的細く軽く、日常利用に不満はない。難を言えば、若干折り目がつきやすいことだろう。ポータブルアンプを使うユーザーであれば、いわゆるバランス型のケーブルと交換したいところと思うが、通常の3.5mmステレオのイヤフォン端子に直結するのであれば、これで文句はない。

いま有線イヤフォンでおすすめはコスパに優れた「Falcon-C 隼」

いま有線イヤフォンを選ぶなら

 耳掛け式ならではの面倒はあるが、フィッティングに苦労することもないだろう。製品にはSpinFitなどシリコンタイプのイヤーピースが計3種類。これまでのDUNU製品からすれば、付属品は比較的少ない方で、これにステレオフォーンと航空機用の変換プラグ、そして付属品のケースが付く。

 付属はしないが、さらに高い遮音性が欲しければ、コンプライの200シリーズが対応する。高域側のバランスが良いので、コンプライを試すなら、高域の吸収が少ないTsシリーズから始めるのが良いかもしれない。

 イヤーモニターとしての勘所は、いかに解像度が高く、フラットな特性でまとまっているかという点にかかっているが、その点で隼は王道をいっている。これで2万円台半ばという価格はバリューフォーマネーだ。いま、あえて有線のイヤフォンを買おうというなら、まずこれは押さえておかねばという製品。

いま有線イヤフォンでおすすめはコスパに優れた「Falcon-C 隼」

四本 淑三(よつもと としみ)

北海道の建設会社で働く兼業テキストファイル製造業者。MMCX端子付きのイヤフォンはMUC-M2BT1のようなBluetoothレシーバーとつなげるから便利(この製品はまだ試していません)