CATブランドの超絶タフネススマホが
パワーアップして帰ってきた!

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、CATブランドのSIMフリースマホ「S41」を3月中旬から発売すると発表した。予想実売価格は税抜6万5000円前後。

S41

 ASCII編集部では一足早く実機に触れる機会があったので、フォトレポを含めて、その特長を紹介する。

S41
裏面に燦然と輝くCATロゴ

 S41は昨年発売されたS40の後継機種。IP68の防水・防塵はもちろん、米国防総省調達基準のMIL仕様のテストをクリア。マイナス25~55度の過酷な状況下や、手袋を付けたまま、濡れた指のまま仕様できるなど、屋外で仕事をするプロはもちろん、アウトドアでも幅広く利用できる。

S41
S41
本体は220gとのことで、さすがにズッシリという感がある。質実剛健という言葉が似合いすぎる

 スマホとしてのスペックではエントリークラスだったS40からは性能面も大きく強化。ディスプレーはフルHD解像度(1080×1920ドット)の5型IPS液晶、SoCにMediaTek「MTK6757」(2.3GHz、オクタコア)、メモリー3GB、内蔵ストレージ32GBとミドルクラスの性能を持つ。ネットワークについても、LTEの対応バンドは1/3/8/9/19/28/41と、MVNOを含むドコモSIMが不満無く利用できるものとなっている。大容量バッテリーも本機の特長で、容量は5000mAh。バッテリーシェア機能によりモバイルバッテリーとしての役割も果たせる(付属のOTGケーブルを用いる)。

S41
S41
ハードキーは右側に配置されているが、黄色のProgrammable Keyは左側
S41
S41
こう見ると、ほかのスマホに比べて厚みがかなりある

 またCATスマホの特徴である“Programmable Key”はS41でも健在。ユーザーが設定した特定のアプリなどを長押しや短押しで一発起動できる。

 建設工事の現場などビジネス向けに思われそうだが、量販店などで販売される予定とのことで、誰でも手にすることができる。スマホとしてのスペックはまずまず十分なもので、本体サイズもジーンズのポケットに入る範囲内。スマホをよく壊すという人は、ぜひ購入候補に入れてほしい。

S41
S41
イヤホンジャックとUSB端子はキャップありきの防水
S41
Programmable Keyを使えば画面を触らずにアプリ起動などが可能
S41
SIMスロットが2つあるが、4G+3GのDSDS対応ではない(4G+2Gでは使える)。microSDスロットが独立しているのはウレシイ
S41
S41
ディスプレーのガラスも頑丈なゴリラガラス5を採用
S41
下部のハードキーは手袋などを付けても押しやすいように、ディスプレーより高くなっている
S41
カメラ性能はごくごく標準的
S41
S41
Google Play以外にも、独自のApp Storeがあり、アウトドア系や作業系のアプリがダウンロードできる
S41
カメラは1300万画素とそれなりのクオリティーで撮影できる
S41
カメラの設定項目は超シンプル
S41
S41
Programmable Keyの設定画面。ボタンの長押しや短押しで起動できるアプリを決めておくと便利
S41
S41
長押しなど以外にはPITモードや水中モードがある。活躍する場所は選ばない
S41
タフネスカバーを付けたiPhone Xとほぼ同じ寸法だった。S41ならカバーを買う必要もない

■関連サイト