ヘッドフォン

 3月10日にソニーから複数のヘッドフォンが一斉にリリースされた。

 同社主力となるMDRシリーズの最新モデル「MDR-1AM2」(実売価格 3万2000円前後)やノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスヘッドフォン「WH-CH700N」(同2万円前後)など、注目モデルが多かった。

 ただ、その中で筆者が一番印象に残ったのは上記のモデルではなく「WH-CH400」という耳載せ型のヘッドフォンだった。

ヘッドフォン
ポップな外観の「WH-CH400」
ヘッドフォン
ヘッドフォン
ヘッドフォン
カラバリは全4色

 実売価格は5800円前後。Bluetoothヘッドフォンでこの価格なので、低価格モデルの部類に入るわけだが、試聴したところ、かなりいい音だったのだ。

 特徴的な部分は、約107gと軽量ながら最大20時間の再生が可能なバッテリーを内蔵するところ。また、本製品は正確には“ヘッドセット”であり、ハウジング部にマイクを内蔵。スマホと接続すれば通話が可能なほか、SiriやGoogle音声アシスタントの起動もできる。

ヘッドフォン
Bluetoothなので再生機側の操作が可能
ヘッドフォン
NFC搭載なのでペアリングも簡単
ヘッドフォン
ドームのようになっているイヤーパッド。耳に吸着する

 対応コーデックはSBCのほかAACにも対応し、NFCによるペアリングができる。マルチペアリングにも対応しており、最大8台までの機器を登録可能だ。

 なお、有線接続には対応しておらず、充電中は使えなくなる。バッテリーが切れたら完全に使えなくなるのでこまめな充電が必要だ。

コンパクトボディーとは裏腹にパワフルな音

ヘッドフォン
ドライバーは30mm。それほど大きいものではない

 ドライバーは30mmの密閉ダイナミック型で、それほど大きいというわけではない。

 それでも、全体的にパワフルな音が楽しめる。女性ボーカルの声は艶っぽく、バックグランドの伴奏もきめ細かく聞こえる。

 イヤーパッドがドーム型で、耳に押し付けられるような感じになるからだろうか、ドライバーの振動がかなり直接的に伝わってきて迫力のある音に聞こえた。

ヘッドフォン
装着イメージ、耳を押さえつける感じはあまりない

 耳載せタイプなので音漏れが心配だったが、耳に装着してしまうとほとんど音漏れもせず、よほど大音量で聴かない限りは問題なさそう。

 もちろん、Bluetoothということでハイレゾ対応ではないし、MDR-1AM2などと比べれば音の広がり感は少なめで音の粗さなどもあるのだが、5000円台でこの音なら満足できるような気がする。

Bluetoothヘッドフォンの魅力

 Bletoothヘッドフォンはプレーヤーとヘッドフォンの間をケーブルレスにできるという意味で屋外で使うのに便利だが、個人的には屋内で使ってもむちゃくちゃ便利だと思っている。

 たとえばテレビの音声をBluetoothで飛ばすことで、テレビの前にいなくても音が楽しめる。キッチンやトイレなどがあまり遠くになければ、ヘッドフォンをしたまま移動して音を聞きながら作業できる。

 また、WH-CH700Nはコンパクトなので、やろうと思えば寝ながらの装着もできる。音楽を聞きながら眠りに落ちるというのもできそうだ。

 デザインもおしゃれなので、手軽に使うのにぴったり。5000円台という価格もいいバランスだと思う。気になる方は店頭などでぜひ試聴してみてほしい。