3月13日、好調だった米ジャンク債(高利回り債)市場にほころびが表面化しつつある。NY証券取引所で7日撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 好調だった米ジャンク債(高利回り債)市場にほころびが表面化しつつある。ジャンク債指数は下落し、コベナンツ(財務制限条項)の条件は厳しくなる兆しを見せている。発行側はより高い利回りを提示しなければ投資家を引き付けられなくなる可能性がある。

 米連邦準備理事会(FRB)による超金融緩和のおかげで、ジャンク債市場は長年にわたって売り手市場を享受してきた。

 ムーディーズ・コベナンツ質指数(CQI)によると、投資家を損失から保護するために発行体に債務上限などを課すコベナンツの強度は、2011年以来低下を続けてきた。それでも高利回りを求める投資家の需要は旺盛で、ICEバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのデータによると、1月には米国債とジャンク債の利回り格差が過去最低の331ベーシスポイント(bp)まで低下した。

 しかしその状況が変化し始めている。FRBは年内に少なくとも3回追加利上げすると予想されており、投資家はジャンク債に高い利回りとコベナンツの強化を求め始めた。

 米ジャンク債をカバーするICE・BAML指数の利回りは2月に28bp上昇し、2016年12月以来の最高水準となった。現在の利回りは3.53%。

 リーマン・リビアン・フライドソン・アドバイザーズのマーテイン・フライドソン最高投資責任者によると、ICE・BAML指数の利回りとコベナンツの強度には強い相関がある。「同指数の利回りは2月に上昇したため、コベナンツ強度の上昇がある程度期待できる」という。

 1月のコベナンツの強度は前月より悪化したが、それでも好転が予想される理由はいくつかある。

 ジャンク債の中で最も格付けの高い「ダブルB」格の債券は通常、デフォルトの確率が最も低いためコベナンツ強度も最も低いが、1月には強度が改善した。さらには、こうした債券は1月に発行されたジャンク債全体の半分以上を占めた。12月には4分の1だった。

 その上、格付けが「シングルB」から「トリプルC」と最低級で、コベナンツ強度の低い債券の割合は1月に低下を続けた。

 FRBが流動性を引き揚げるにつれ、質の悪い企業がデフォルトを起こす可能性は高まる。発行体がより良い条件を提供し始めたのは、その可能性を認識しているからかもしれない。

 また、リッパーのファンド調査によると、2月26日までの週にジャンク債ファンドから5億2500万ドルの資金が流出し、流出は8週間連続となった。

 IHSマークイットによると、米国の3大ジャンク債ETF(上場投資信託)の売り建玉は2月最終週に70億ドルと、過去最大に達している。

(Kate Duguid記者)

Copyright©2018 Thomson Reuters 無断転載を禁じます