3月28日、北朝鮮問題を巡って「非核化」がキーワードになっているが、この言葉の解釈は国ごとに異なり、問題をさらに複雑化している。ソウルで撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 28日 ロイター] - 北朝鮮問題を巡って「非核化」がキーワードになっているが、この言葉の解釈は国ごとに異なり、問題をさらに複雑化している。

 ここ数週間、金正恩朝鮮労働党委員長は韓国首脳、次いで中国首脳に対し、朝鮮半島の「非核化に尽力する」と述べたと報じられている。しかしこうした発言は目新しくないばかりか、米政府の期待通りの意味である可能性も低い。

 北朝鮮は長らく、米国が韓国から軍を引き揚げることなどを条件に、ゆくゆくは核を放棄する姿勢を示してきた。

 米国側の要求は、北朝鮮が可及的速やかに核兵器とその製造に必要な施設を、検証可能な形で永久に廃棄することだ。

 米科学者連盟のシニアフェローであるアダム・マウント氏は「米朝首脳会談が近づくにつれ、非核化の解釈は収れんするどころかかい離しているようだ」と言う。

条件付き

 問題の核心は、金委員長が非核化に付けている数多くの前提条件にあるのかもしれない。

 中国国営通信、新華社によると、金氏は今週の訪中で「米韓両国が善意でわれわれの努力に応えれば、朝鮮半島の非核化問題は解決できる」と中国高官に伝えた。