ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ミロク情報サービス
営業本部 営業推進部
サービス企画グループ副部長
小林禎治氏

 政府も推し進める「働き方改革」が目指すテーマの一つに「長時間労働の是正」がある。そのためにまず必要なのは、社員の労働時間の把握(見える化)だ。だが働き方が多様化する中で、管理の仕方も複雑になっている。フレックスタイムの実施、残業の申請とスピーディな承認、直帰した社員の労働時間の記録など、一元管理が不可能な状況だ。

 財務会計や給与計算などのソフトウェアで定評あるミロク情報サービスは、早くからこの課題に注目している。同社の小林禎治氏は「従業員の残業時間が多いというお客様に話を聞くと、事務処理の流れに問題原因があるケースが散見されます。例えば、紙の書類とデジタル化されたデータが混在することで事務手続きを複雑にしていたり、会社にいないと処理できない手続きが存在したりするなど、業務フローを棚卸ししてみると課題が見えてくると思います」と説明する。

適切なツールを導入し
事務処理の無駄を排除する

 この問題を解決するために同社が開発した業務管理ツールが、「Edge Tracker」だ。このツールを使えば、勤怠の打刻や残業の申請はスマートフォンで手軽に入力できるため、管理者だけでなく、従業員が自らの労働時間を視覚的に把握することができるという。

 ほかにも多彩な機能を備えた「Edge Tracker」とは、どのようなツールか。詳細は下記からダウンロードできる資料に記載されている。本資料ではさらに、ミロク情報サービスが提供する、IT・非ITを問わず幅広い働き方改善の製品やサービスも紹介。働き方改革へのアクションを迫られながら、どこから手を付けたらいいかわからないでいる企業経営者にとって、大いにヒントとなるだろう。


[PR]

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

株式会社ミロク情報サービス

〒163-0648

東京都新宿区西新宿1-25-1

新宿センタービル48F 私書箱4051号

TEL:03-5326-0381




IT&ビジネス 業界ウォッチ Special [PR]

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ Special [PR]」

⇒バックナンバー一覧