中南米 2018年5月15日

経済危機下で仮想通貨が人気!?
ベネズエラの仮想通貨の現状は?

仮想通貨は資産防衛手段のひとつ

風間:現状で、ビットコインを買いたい人が多い理由は何でしょうか。ベネズエラの国内で、何かを買うために、紙幣の代わりに使うことができるのでしょうか?

グスタボ:仮想通貨を使える店はまだほとんどないですね。ビットコインの価格の乱高下も激しいですので、多くは実需よりも「金(GOLD)」のように、資産防衛を目的として購入しています。なにせ現状、ベネズエラではボリバル札は紙くずですので。

 「金」も以前は資産防衛のために人気はありましたが、国境を超えて持ち出すのに制限が出てきますよね。金塊をかついで飛行機に乗ることはできませんから。でも仮想通貨であれば、携帯1台持って、どこの国でも行くことができますので。

実際に、Localbitcois.comの出来高を見てもらえればわかりますが、昨年の夏場を境に急激に増えています。驚くべきことに、ビットコインの価格が暴落し始めた今年の1月以降、通常では出来高が減るところ、ベネズエラでは更に増えているんですね。

風間:中南米は歴史的に見てもハイパーインフレ国が多いですし、そのたびに多くの人のお金が紙くずとして消えてしまったり……。また、軍事政権が生まれて、資産が取り上げられるなどに直面してきた中南米の資産家たちのなかには、資産の逃避先としてウルグアイのような小国を利用してきた歴史がありますので、南米の人たちが仮想通貨を資産防衛手段のひとつと考えるのはわかる気がします。

個人間の信用問題をどうクリアするか

風間:Localbitcoins.comでビットコインを売る人は、その場で現金を受け取る人が多いのでしょうか。

グスタボ:いえ、現金ではなく銀行間での送金がほとんどですね。どちらかというとベネズエラ国内よりも米国など、国外に口座を持つ人同士のやりとりが多い印象です。

風間:そうなると、お互いにリスクは生じないものでしょうか? 取引所のように、信頼できる第三者が存在すれば、そこで仮想通貨と法定通貨の交換が可能ですが、取引所は介在しない個人間でのやりとりになりますよね。そこはうまく信用を担保する方法が成り立っているのでしょうか。

例えば、私があるベネズエラ人をLocalbitcoins.comで見つけて、ビットコインを売ってもらおうという話になったとします。どこかで実際に会って販売してもらおうとすると、その前に彼にいくらかのお金を振り込まなければいけませんよね? その後、そのベネズエラ人が逃げてしまうことも十分有りうるのかな、思いますが。

Localbitcoins.comにも、ビットコインを販売したい人がいれば彼らが第三者預託として預かるエスクローのシステムはあることはありますが、それでも、買う側の人がいくらか支払った後に、最後は売る側の人が承認しないと送金されません。

私もドミニカ共和国で、Localbitcoins.com経由で、ビットコインをあるドミニカ人から購入したことがありますが、こちらが銀行経由で振込みをしてその証明を送っても、なかなかビットコインを送金してくれないということはありました。

グスタボ:いい質問ですね。確かに、まったく知らない人同士が会って売買するのは信用の問題をクリアする必要はありますよね。

私は今、仮想通貨の買い方やマイニング(新規発行して所有者となること)の指導なども含めたミートアップを隔週で開催していて、コミュニティが広がりつつあるのですが、そのミートアップではビットコインの歴史から始まり、各仮想通貨のファンダメンタルズなども勉強して、参加者の仮想通貨リテラシー向上につとめています。

このミートアップで広がってきたコミュニティでは、ビットコインを買いたいという人がいれば、私などが中心となって少額からでも販売しています。それ以外にも、米国のCoinbase(コインベース)という取引所でのトレーディングのやり方や、購入したコインを保管する携帯のウォレットの操作を教えたり、様々な取り組みをしています。

風間:中南米はCoinbaseの利用者は多いですよね。グスタボさんは現在、ミートアップ以外にはどのような活動をされていますか

グスタボ:コミュニティサイトを立ち上げて、ビデオ会議などで仮想通貨全般のアドバイスや定期的に有料の講演会、個別のアドバイスなどをしています。ベネズエラ国内での仮想通貨の市場は確実に増えているのを感じますね。

グスタボ氏のミートアップにおける、仮想通貨のファンダメンタルズの勉強会の様子【撮影/風間真治】

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。