これまで主要キャリアのスマホと言えば、ハイエンド機ばかりというイメージだったが、格安スマホに対抗する料金プランなどとともに、ミドルクラスにも力を入れるようになってきた。

 今回から4回に渡って比較するのは、まさにそのような端末。MONO、Qua phone、Android Oneシリーズの最新モデルだ。ミドルクラスでも快適に使える性能を持っているのか。まず最初はスペック、料金、外観をチェックしていく。

11
MONO
11
Qua phone QZ
11
Android One S3

ミドルクラスといってもスペックは十分に高く、
機能も満載で独自性もある

 主要キャリアのミドルクラスのスマホとして今回集めたのは、ドコモ「MONO MO-01K」、au「Qua phone QZ」、ソフトバンク「Android One S3」の3台。まずは各機種を簡単に紹介しよう。

●ドコモ「MONO MO-01K」
1000円以下で購入できるスマホとして話題になったMONOシリーズの2世代目。今回もZTEが製造を担当する。特筆すべき機能はないものの、長持ち、快適、防水対応をアピールし、白黒2色展開とベーシックな印象を受ける。デザインは無印良品などの製品を手がける、みやけ かずしげ氏。ハードウェアのマナーモードスイッチや専用デザインが施された細かい基本機能にも注目だ。

●au「Qua phone QZ」
すっかりおなじみになったauのミドルクラス「Qua phone」シリーズ。今回も京セラが製造を担当。単に安価でシンプルと言うだけでなく、手帳で有名なロルバーンとコラボしたカラー、デザインが採用されるという工夫もあり、グッと魅力を増している。MIL規格に準拠したテストをクリアするなど耐衝撃性能があり、京セラのハイブリッドシールド構造でガラス割れにも強いという。カメラに加え、ウェットタッチ/グローブタッチと呼ぶタッチ操作にもこだわりがある。

●ソフトバンク「Android One S3」
 グーグルとの協力により、シンプルなUIと迅速なバージョンアップによる高いセキュリティー環境でAndroidスマホを利用できる「Android One」。Android Oneと言えば、Y!mobileのイメージだが、シャープ製の本機についてはソフトバンクからもリリースされているい。最新のAndroidを使えることがウリ。シャープならではのIGZOディスプレーを搭載し、こちらもMIL規格準拠の耐衝撃性能、水滴がついたときでも快適にタッチ操作ができる点などが特長となっている。

 そのほか、詳しいスペックについては以下の表にまとめている。

 3機種とも5型と今となっては比較的コンパクトなスマホだが、サイズや重さはバラつきがある。画面解像度もMONOはHDとやや見劣る。CPUは3機種ともオクタコアだが、Snapdragonシリーズの中ではミドルクラスのもので、MONOはSnapdragon 435、他の2機種はSnapdragon 430。OSはQua phone QZとAndroid One S3はAndroid 8.0を採用している。

 メモリーやストレージは横並びで、LTEの対応バンドは少なめ。キャリアアグリゲーションには非対応なのも共通だ。無線LANも2機種が2.4GHzのみの対応と、このあたりはハイエンド機に対して見劣りする部分だ。カメラも画素数だけを見ると3機種とも一般的なもの。自撮り全盛の今、インカメラはやや物足りないかも。

 3機種とも防水・防塵仕様だが、ワンセグ/おサイフケータイについては全滅。この両機能が欲しいのであれば、上位モデルを選択してほしい。指紋センサーも同様に搭載しない。バッテリー容量は3000mAh以下だが、このあたりは次回以降のテストで詳しく見ていく予定だ。

公開当初、端末のスペック表の一部に間違いがありました。お詫びして修正いたします。(4/16 16:00)

2年間のトータルコストでは月1GBならQua phone QZの勝ち

 料金比較では2年間のトータルコストを比較する。各社のオンラインショップで本体を購入し、1人で利用することを想定。料金プランはなるべく安いものを選択した。ただし固定回線とのセット割引、端末下取り、auのアップグレードプログラムEX、ソフトバンクの半額サポートは適用していない。

 すべて税込だが、各項目小数点以下四捨五入をしているため本来の請求額とは若干異なる可能性もある。

 最安となると、3機種とも毎月の割引(月々サポート、毎月割、月月割)が適用されない、データ容量が小さい料金プランを選ぶことになった。

 最安はQua phone QZ。2年トータルで10万円切り。格安スマホ並だ。本体価格は一番高いものの、「auピタットプラン」を最低料金で済ませることができれば最安となる。ビッグニュースキャンペーン(5月31日まで)も適用され、1年間は毎月1000円引きも効いた。ただしこれは月の通信量を1GBまでに抑えることが条件。それ以上になるとパケット定額は、最大(20GBまで)月6998円になってしまう。

 続くのがトータル12万円台のMONOで、こちらは本体代が最安。毎月ずっと1620円が割り引かれる「docomo with」の対象機種なので、 2年3年と長く使えば使うほど得になる。また3機種のなかでデータ通信容量が月2GBなのもポイントと言える。

 Android One S3は15万円台と一番高くなってしまった。他の2機種が全員に適用できる割引があるのに対し、こちらは最安プランでは適用できるキャンペーンが無い。ただし学割先生や、みんな家族割など条件をクリアできれば適用される割引もあるので、人によってはまだ安くなる余地はある。

外観、手持ち、ボタン配置の印象はちょっと似たような感じ?

 最後に外観をチェック。3機種を並べるとQua phone QZがやや大きく感じるくらいで、厚みはほぼ変わらないように見える。持ち比べるとQua phone QZが若干軽く、逆にMONOはちょっと重めに感じるが、大きな差とは言えない。

11
3機種とも5型なので、サイズに大きな違いはないが、MONOだけはやや小さく、実際に横幅も70mmを切っている

 MONOはかなりスクエアな角ばった箱のような形状。縁がわずかに丸みを帯びているものの背面や側面はフラットだ。上部にイヤホンジャック、下部にmicroUSB端子、どちらもキャップレス防水。

 右側面はボタンが集中し、上から電源、音量、マナーボタン。左側面にはキャップで覆われたmicroSD&nanoSIMスロット。スロットの取り出しはピンが必要だ。左側面下側にはMONOの文字がさりげなく刻まれ、さらに角部分にストラップホールがあるのはうれしい点。

11
11
石鹸のように四角いスクエアのデザインが特徴。本体下部にはmicroUSB端子が
11
11
前モデルでも話題になったガラケーのようなマナーモードに切り替えるハードスイッチが付いている。ストラップホールもあり

 Qua phone QZは側面が丸みを帯びていて、さらに持つと軽く感じる。ポップなカラーが印象的。右側面に大きめの音量ボタン、電源ボタン。左側面にはmicroSD&nanoSIMスロットがあり、防水キャップとつながっている。上部のイヤホンジャックと下部のUSB Type-C端子はキャップレス防水。さらに左下にはストラップホールもあり、ボタンなどの配置はMONOと似ている。

11
11
明るくポップなデザインが魅力的
11
11
右側面には大きめのボタン類がある。ストラップホールも

 Android One S3は上部にキャップレス防水のイヤホンジャック、下部もキャップレスのUSB Type-C端子。右側面に音量、電源ボタン、左側面にキャップありのmicroSD&nanoSIMスロットがあり、こちらはQua phone QZと同じく爪で簡単に取り出せて、キャップとスロットがつながっている。ストラップホールはなく、3機種では最もシンプルなデザインだ。

11
11
丸みを帯びているが、それ以外は無色な感じのデザイン。Type-Cやイヤフォン端子はキャップレスで防水対応
11
11
nanoSIMとmicroSDスロットは指で引き出せる。背面もとことんシンプル

料金が決め手になりQua phone QZが1勝目!

 まずはQua phone QZの勝利と判断した。スペックではAndroid One S3と競っているが、料金面を比べるとトータルで5万円差は大きい。うまく通信量を抑えて使えれば3機種のなかでもっともお得になるはず。

 一方のMONOはスペック面でやや見劣りする。Android One S3は料金で負けたものの、実際のテストでは片手操作がメインなので面白い勝負が期待できそう。画面サイズが5型、本体サイズもコンパクトに抑えられており、大ぶりなハイスペックスマホより操作性も良さそう。次回をお楽しみに。


■関連サイト