一方、カーシェアに対して、今後最も期待することとして「カーステーションの増加・エリアの拡充」(23.4%)を求める声が最も多く、現時点では限定した地域でしか利用できないカーシェアに対する不満が読み取れます。

 また、「カーシェアリングサービスで経験したトラブル」について聴取したところ、「空車が見つからず、利用を諦めた」「乗りたい車種がなく、違う車種になった」「利用したいステーションに空車がなく、違うステーションで探さなければならなかった」といったトラブルを経験しているユーザーが半数以上いることがわかりました。

 今後、このような点が解消されると、特に、近場でちょっとした用事がある際には、カーシェアは便利な手段となり得るでしょう。

 進化するレンタカーと、普及するカーシェアを上手く使い分けて、旅行と日常生活の両面で快適度・満足度を高めてほしいと思います。

(サービス&エマージングインダストリー部門 ディレクター 野本達郎)

【調査概要】
J.D. パワー アジア・パシフィック

「2018年日本レンタカーサービス顧客満足度調査」
当調査は、利用者のサービスの満足度を調べるもので、直近1年間に日本国内でレンタカーを利用した18~64歳男女(法人利用、代車利用除く)から評価を伺っている。調査は今年で2回目。2018年1月にインターネットにて調査し、1万1882人から回答を得た。

「2018年日本カーシェアリングサービス顧客満足度調査」
当調査は、利用者のサービスの満足度を調べるもので、直近1年間に自身で予約/申し込みをしてカーシェアを利用した18~64歳男女から評価を伺っている。調査は今年で2回目。2018年1月にインターネットにて調査し、4302人から回答を得た。

関連サイト
J.D. パワー 消費者向けサイト http://jdpower-japan.com/
J.D. パワー ウェブサイト http://japan.jdpower.com