ヤマハ「RX‐V585/RX‐V485」
「RX-V585」

 ヤマハは4月25日、ネットワーク周辺機能を充実させるとともに音の基本性能を追求したAVレシーバー「RX-V585」(7.1chモデル)および「RX-V485」(5.1chモデル)を発表した。5月下旬に発売する。

 両モデルとも、DSD 11.2MHzやWAV/AIFF 192kHz/32bitをサポート。高品位音楽配信サービス「Deezer HiFi」への対応、5GHz帯/2.4GHz帯対応のWi-Fiの搭載、Bluetooth 4.2規格準拠したAAC対応Bluetoothオーディオ受信など、ネットワーク周辺機能の充実がなされている。

 7.1chのRX-V585には3次元サラウンドフォーマットのDolby AtmosおよびDTS:Xに対応したデコーダーも搭載し、独自の音場創生技術「シネマDSP」や部屋の音響特性に合わせて音場・音質を自動調整する視聴環境最適化システム「YPAO」なども装備。

ヤマハ「RX‐V585/RX‐V485」
「RX-V485」

 音質面としては、パーツの追加・再選定を含む専用チューニングを機種ごとに実施し、より高度な音の基本性能を追求したという。映像関連ではDolby VisionやHybrid Log-GammaなどのHDR映像伝送、BT.2020規格、HDCP 2.2、4K/60p映像信号に対応した4入力/1出力の端子を装備する。価格は、RX‐V585が7万8840円、RX‐V485が6万6960円。

■関連サイト