英サットンのがん研究センター5月2日、欧米や中国で新種のがん治療薬の開発競争が激しさを増し、技術革新の速度も速まってきた。写真は2013年、英サットンのがん研究センターにて(2018年 ロイター/Stefan Wermuth)

[ロンドン 2日 ロイター] - 欧米や中国で新種のがん治療薬の開発競争が激しさを増し、技術革新の速度も速まってきた。患者にとっては朗報だが、投資家は多数の中でどの企業が成功を収めるか見極めるのが難しく、ジレンマを味わっている。

 英国の小規模なバイオ技術企業、オートラスはキメラ抗原受容体T細胞(CAR─T細胞)の開発に手ごたえを感じ、米ナスダック市場への上場を計画中だ。CAR─T細胞療法はがん免疫療法の1種で、オートラスのほかにも多数の企業が開発を競っている。

 研究開発に多額の投資が行われているのは欧米だけではない。ロイターによる最新データの分析によると、中国で行われているCAR─T細胞療法の臨床試験は162件と、米国を上回っている。

 がん免疫療法全体で見ると、医薬品の種類は2000以上と空前の数になる。各企業は独自の薬を開発しようとしのぎを削っているが、多くは似通った薬だ。

 ファーマプロジェクツのデータベースによると、現在研究・開発中のがん治療薬は全体で5200種で、1年前に比べて7.6%増えた。科学者は臨床試験用に十分な数の患者を確保するのに苦労するほどだ。