3ヵ月物ロンドン銀行間金利(LIBOR)5月14日、ドル資金調達コストの指標となる3ヵ月物ロンドン銀行間金利(LIBOR)が2.33%に設定され、4月上旬以来の低水準に。2017年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - ドル資金調達コストの指標となる3ヵ月物ロンドン銀行間金利(LIBOR)は14日、2.33%に設定され、4月上旬以来の低水準となった。

 過去5営業日では4ベーシスポイント(bp)低下し、5日間の下落率としては2010年8月以降の約8年間で最大を記録した。米財務省短期証券(Tビル)の大量発行が一服したことが背景。

 ここ数ヵ月にわたるドルLIBORの大幅な上昇の要因として、多数のアナリストや投資家は、Tビルの大量発行を挙げていた。

 BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏はドル資金調達コストについて「Tビルの供給が減少したため低下した。供給が減り、投資家に資金が手渡されたのと同じ格好になった」と語った。

 ドルLIBORは今年第1・四半期に60bp余り上昇した。上昇ペースは、翌日物インデックス・スワップ(OIS)など米連邦準備理事会(FRB)の政策金利に追随する他の短期金利の2倍に達した。

 LIBOR─OISスプレッドは一時、09年以降で最大に拡大。金融市場の緊迫化を示す兆候として懸念する声が聞かれた一方、Tビルの大量発行が一段落すれば正常化し始めるとの主張もあった。実際、同スプレッドは過去1ヵ月間では約15bp縮小している。