2月のMWC 2018で発表され、すでにグローバルで発売されて大人気のハイエンドスマホ「Galaxy S9+ SC-03K」「Galaxy S9 SC-02K」(サムスン電子製)が、ドコモの夏モデルとして登場した。

11
まずは上位モデルの「Galaxy S9+」から

F値1.5の絞りも可能な新型カメラ
Galaxy S9+にはさらにデュアルカメラも

 Galaxy S9+ SC-03Kはデュアルレンズを採用したことが特長で、標準と望遠という構成。標準レンズは周囲の状況に応じてF値を1.5と2.4で自動的に切り替えてくれる絞り可変カメラになっている。両カメラとも光学式手ぶれ補正機能を搭載している。

11
S9と異なり、デュアルカメラも搭載している

 また、1秒間に960フレームのスーパースローモーション撮影もできるように。ほかの機種に搭載されている機能ではあるのだが、より明るく撮影できるという。撮影した動画にBGMを付けたりGIFアニメを作って即SNSにアップできるなど、よりSNSでのシェアを意識したものになっている。

 顔認証で自分の顔からアバターを作成できる「AR Emoji」も特長のひとつ。自分の顔を取り込んだら18種類のオリジナルスタンプにでき、さらに複数のメッセンジャーアプリで送れる。友達とのコミュニケーションが、さらに楽しくなりそうだ。

11
11
Midnight Black
11
11
Titanium Gray

 スペックは6.2型(1440×2960ドット)でアスペクト比は18.5:9という縦長仕様。SoCはSnapdragon 845(オクタコア)、メモリー6GB、内蔵ストレージ64GB、バッテリーは3500mAh。生体認証は、指紋、虹彩、顔の3つを搭載。エンタメ機能としては、AKG監修のステレオスピーカーを搭載したことがトピック。Dolby ATMOS対応も加え、ダイナミックな映像体験ができるはず。

ほぼハイスペックでサイズ感がちょうど良い
「Galaxy S9 SC-02K」

 Galaxy S9 SC-02Kはリアカメラがシングルレンズ、ディスプレーサイズが5.8型、メモリーは4GBなど、Galaxy S9+から少々機能を省いたモデル。手に収まるサイズ感なので、Galaxy S9+ほどの大きさが必要ない人にはこちらがオススメだ。

11
11
Midnight Black
11
11
Titanium Gray
11
11
Lilac Purple

■関連サイト