ドコモが2018年夏スマホを発表! トレンドとなっている縦長ディスプレーやデュアルカメラ搭載モデルが各社から登場しているが、ドコモではおなじみのXperia、Galaxy、AQUOSのハイエンド機に加え、SIMフリーで人気のファーウェイが、おサイフケータイに対応した同社の看板モデルを投入してきたのが最大の話題だろう。

11

 本記事ではその各社のフラグシップ機の性能を比較できる詳細スペック表からお届けする。

 まずはやはり人気のXperia。Xperiaブランド初のデュアルカメラ搭載機「Xperia XZ2 Premium」は、暗闇に近い場所ですら、写真に残せる暗所に強いカメラが魅力的。縦長化&デザイン一新の「Xperia XZ2」に加え、ドコモのみのコンパクトモデル「Xperia XZ2 Compact」も用意。

11
デュアルカメラを搭載するハイエンドXperiaが登場

 続くは注目の「HUAWEI P20 Pro」。世界初のLeicaトリプルレンズカメラ、しかもメインカメラは1/1.7型という大型センサーを採用。AI手ぶれ補正で数秒のシャッター速度でもブレることなく、夜景を撮影できる。ディスプレーはノッチ付きの6.1型有機EL。防水・防塵、おサイフケータイにも対応だ。

11
ファーウェイの今年のフラグシップ機「HUAWEI P20 Pro」がドコモに

 安定の「Galaxy S9」「Galaxy S9+」は見た目の変化こそ小さいが、メインカメラにF値1.5と2.4とを物理的に切り替える機構を内蔵。特にF値1.5の明るいレンズは魅力的。指紋/顔/虹彩のトリプル生体認証も使い勝手と精度を高めている。シャープ「AQUOS R2」は静止画専用+動画専用のデュアルカメラが新しい。

11
もちろんGalaxy S9+も人気の一角

 さらにdocomo with対象のミドル機もLGと富士通から登場。他キャリアとは一味違う、豊富なラインアップが魅力のドコモ夏モデルと言えそうだ。

ドコモ夏モデルラインナップ


■関連サイト