ROG

 今日4日、ASUSは「COMPUTEX TAIPEI 2018」にあわせて台湾でプレスカンファレンスを開催。同社のゲーミングブランド「ROG」としては初のスマートフォン「ROG PHONE」を発表した。価格や販売国は未定で、2018年の第3四半期の発売を予定しているとのこと。

ROG
ROG
ROG

 ROG PHONEはCPUにオクタコアのSnapdragon 845を採用し、最大2.96GHzで動作する。メモリーと内蔵ストレージはモデルによって異なるが、メモリー最大8GB/内蔵ストレージ最高512GBとなっている。有機ELディスプレーはアスペクト比18:9の6型(1080×2160)で、リフレッシュレート90Hz、応答速度は1ms pixelとゲーミング向けの高性能タイプだ。

ROG
ROG
ROG

 本体サイズは約76.2×158.8×8.6mmで、重さは約200g。本体背面にはデュアルレンズ(1200万画素+800万画素)、指紋認証センサーや冷却用の排気口を配置している。

ROG
ROG

 充電しながら横位置でゲームをプレーしているときに邪魔にならないよう、USB Type-Cの端子を本体底面だけでなく左側面にも配置。また、左側面の端子はオプションパーツ取り付け時にも使用するため、USB Type-Cが2つ並んだような特殊な形状になっている。バッテリー容量は4000mAhで独自の急速充電技術のほか、USB PD 3.0にも対応している。

ROG
ROG
ROG
ROG
ROG
ROG

 本体右側面上下2ヵ所と左側面の下1ヵ所に、タッチセンサーを装備。横位置でゲームをプレーしているときにコンシューマーゲーム機のコントローラーのLRボタンのように使用できる「AIRTRIGGER」機能に対応。ゲーム以外では本体下部を握るとカメラが起動するといった操作にも対応している。

ROG

 SIMスロットはトレー式で、nanoSIM×2のデュアル仕様。1.2GbpsのCAT 18に対応しているが、対応バンドなどはまだ公開されていない。 Wi-Fiも802.11a/b/g/n/ac/adと最新のadまで対応。さらにWiGigもサポートしている。

ROG
ROG
ROG

 ROG PHONEには快適にゲームがプレーできるよう、オリジナルのゲーム管理プリ「GAME CENTER」を搭載。動作クロックやメモリー、内蔵ストレージなどのチェックができるほか、ボタンひとつでメモリーの解放などゲーム用に最適化を行なう「X Mode」が利用できる。

ROG
ROG
ROG

 ROG PHONEの特徴は、オプションパーツが豊富なこと。「AEROACTIVE COOLER」、「TWIN DOCK」、「MOBILE DESKTOP DOCK」、「 WiGig Dock」などがラインアップされている。

 「AEROACTIVE COOLER」は外付けの冷却用ファンで、本体背面に挟み込むようにセットする。背面にはROGのロゴをLEDで光らせるギミックも装備。

ROG
ROG
ROG

 「TWIN DOCK」は、ROG PHONEと同サイズ&同スペックのディスプレーを搭載したドック。片方のディスプレーをコントローラーにしたり、別途YouTubeの動画を再生したりといった使い方ができる。本体にはSDカードのスロットなども装備し、6000mAhのバッテリーも内蔵。本体と合わせて1万mAhのバッテリー容量となる。

ROG
ROG
ROG

 「MOBILE DESKTOP DOCK」は、外部ディスプレーやテレビなどに出力して据え置き型のゲーム機のように使用できるドック。映像出力はHDMIやディスプレーポートを装備しUSBでキーボードやマウスなども接続可能。ゲームに合わせてキーのカスタマイズにも対応している。

ROG
ROG
ROG

 「WiGig Dock」は、ROG PHONEを横位置にして両サイドから挟み込むようにセットするGAMEVICE製の外部コントローラー。これにテレビなどに接続するWiGig受信機がセットになっており、ワイヤレスでゲーム映像を出力してゲームが楽しめる。

ROG
ROG
ROG

■関連サイト