米の市場が貿易問題を受け流すようになっているとの見方6月15日、米国株式市場はここ数ヵ月、米政府による関税導入や世界的な貿易戦争への懸念に揺れてきたが、投資家の間では市場が貿易問題を受け流すようになっているとの見方が浮上している。写真は13日、ニューヨーク証券取引所(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国株式市場はここ数ヵ月、米政府による関税導入や世界的な貿易戦争への懸念に揺れてきたが、投資家の間では市場が貿易問題を受け流すようになっているとの見方が浮上している。

 トランプ米大統領は15日、中国から輸入する総額500億ドルに上る知的財産権およびハイテクに関連する製品に25%の輸入関税をかけると発表。これに対し、中国も同規模の対抗措置を導入すると表明した。

 米中の貿易戦争が激化する様相を見せているにもかかわらず、15日の米株市場は小幅安で終了。S&P総合500種は0.1%の下げにとどまった。

 この反応は、以前に米株市場で米中貿易戦争を巡る懸念が生じた際の下げ幅と比べて小さい。トランプ大統領が鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課す意向を表明した3月1日、S&P500は1.3%下落。同月中には、トランプ大統領が最大600億ドル規模の中国製品に輸入関税を課す大統領覚書に署名し、中国が対抗措置を発表したことを受け、S&P500は2.1%下落した。

 ホライゾン・インベストメント・サービシズのチャック・カールソン最高経営責任者(CEO)は「市場は、一連の関税を巡る問題にかなりまひしてきている」と指摘。「投資家はこれが最初の一撃で、交渉手段の一つとなっていることに慣れてきている」と語った。