橘玲の日々刻々 2018年6月21日

"影響力"に重要なことは、技術よりも下準備だった
[橘玲の日々刻々]

高齢者が若い時よりも今のほうが幸福だと感じている理由

 それ以外にも『PRE-SUASION』には、注意を操り「特権的瞬間」を生み出すためのさまざまな戦略が紹介されている。

 詳しくは本を読んでほしいのだが、チャルディーニは以下の6つの要素に対して、ひとは無意識のうちに強く注意をひきつけられるという。それは(1)性的なもの、(2)身の危険を感じさせるもの、(3)身のまわり(環境)の変化、(4)自分と関係しているもの、(5)未完了のもの、(6)ミステリアスなものだ。すぐれた娯楽作品は、これらの要素を上手に組み合わせることで読者や観客の注意を独占する。

 もうひとつ興味深かったのは、年齢と幸福度の関係を「注意」で説明するところだ。

 さまざまな幸福度の調査で、高齢者は、若く、強く、健康だった昔よりも幸福だと感じていることがわかっている。これは一見、不思議に思えるが、チャルディーニは「高齢者たちは単に、生活のあらゆる否定的な側面を扱っている時間など、自分にはないと確信している」からだという。

 稀少なものに高い価値があるとすれば、老いや死を意識することは、残された(短い)人生の時間価値を高騰させるはずだ。そんな高価なものを、不満や恨みつらみなど、ネガティブなことに費やすほど無駄なことはない。

 「高齢者は若い人たちよりも肯定的な記憶を思い出し、気分の良くなる考えを受け入れ、自分に都合の良い情報を探して心にとどめ、幸福な顔を探したり、じっと見つめたりします。そして、持っている消費財の良い面に注目するのです」とチャルディーニはいう。

 もちろん、すべてのひとがこんなにポジティブになれるわけではないだろう。だが幸福は(かなりの程度)主観的なものなのだから、「明るい境地へ向かう場所に自らの注意を集中させる」ことがもっとも効果的なのだ。

 チャルディーニはこの本を、次の言葉で締めくくっている。

 「あらゆる選択のほとんどで、私たちがどんな人間であるかは、その選択を行う直前に、注意という観点から見て私たちがどこにいるかで決まります」

 

 

橘 玲(たちばな あきら)

橘玲のメルマガ 世の中の仕組みと人生のデザイン 配信中

 作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ヒット。著書に『「言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)、『国家破産はこわくない』(講談社+α文庫)、『幸福の「資本」論 -あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』(ダイヤモンド社刊)『橘玲の中国私論』の改訂文庫本『言ってはいけない中国の真実』(新潮文庫)など。最新刊は、『朝日ぎらい よりよい世界のためのリベラル進化論』(朝日新書) 。

橘玲『世の中の仕組みと人生のデザインを毎週木曜日に配信中!(20日間無料体験中) 

 


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。