【東京成徳大学中学・高等学校】ニュージーランドへの全員の学期留学を中核にしたグローバル教育を展開

東京成徳大学中学・高等学校(中高一貫部)

ニュージーランドへの全員の学期留学を中核にしたグローバル教育を展開

著者・コラム紹介

東京成徳の中高一貫部では、これからのグローバル時代を見据えて、中3でのニュージーランドへの学期留学(約3カ月間)を全員参加で実施する。生徒たちは実践的な英語力はもちろん、積極的で自律的な生き方を身に付けて帰国する。

東京成徳大学中学・高等学校(中高一貫部)
中村雅一中高一貫部副校長

 東京成徳のグローバル教育の中核となるのが、中3の3学期に行われるニュージーランドへの学期(ターム)留学だ。これまで自由参加の形で15年間実施されてきたが、現在の中2の学年から全員参加のプログラムとなる。全員参加に踏み切ったのは、その教育効果の大きさにあるという。

 「実践的な英語力はもちろん、異なる文化や考え方を理解し、積極的で自律的な生き方や考え方を身に付けるなど、大きな効果があったからです。ここ数年、最難関大学の合格者の大半が学期留学経験者で占められ、その中には留学前は学力があまり振るわず、それほど意欲的でなかった生徒も複数います」

 そう語るのは中村雅一・中高一貫部副校長だ。

 留学期間は、中3の3学期(1月上旬〜4月上旬)の約3カ月間。留学先はニュージーランドの公立校で、日本人同士で固まらないように1校に2〜3人を振り分け、ホームステイは1家庭に1人に限定する。

 現地には同校の教員が交代で常駐し、留学期間の安全を確保。これまで600人近い生徒を送り出しているが、途中で帰国した生徒は1人もいないという。保護者へのアンケートでは、留学後に「驚くほど英語の成績が跳ね上がり、自分で考え対処する姿勢が身に付いた」「親元にいては望めない、社交性や幅広い感性、積極性が備わった」など、子どもを参加させた効果を実感する声が多く見られる。

リーダーシップが芽生え、進学へのモチベーションも上がる

生徒たちの"心の成長"が図られるニュージーランドへの学期留学。学期留学経験者には、英語力向上はもちろん、リーダーシップを発揮する生徒も多いという

 「英語力が伸びるのは、あくまでも二次的な成果。一番の成果は、親元を離れ、日本語の通じない環境に身を置くことで“心の成長”が図られること。これまで学期留学をした生徒たちは、生徒会への参加が増えるなどリーダーシップを発揮するようになり、自立した現地の生徒に刺激され、進学へのモチベーションも上がりました。他人の家庭で暮らすことで、親への感謝の念も生まれます」と中村副校長は学期留学のメリットを語る。

 同校では学期留学を中心に、日常の英語教育にも力を入れている。英語の授業時間を週8時間に増やし、ネイティブ教員との一日英語漬けのEnglish Campは毎学期実施。始業前の10分間を「10minutes English」として英語力増強のための時間に当て、英語4技能(※)の能力を測るため、レベル的に高度なケンブリッジ英検を導入している。

 英語教育の拡充は、大学の合格実績に着実に結び付いている。過去10年間の推移を見ると、国公立大など難関大学への合格者数は10年前の2〜3倍に膨らんでいる。

 「2020年度の新大学入試に対しては、本校の高い英語力と留学経験が大きなアドバンテージとして生きてくるはずです」と中村副校長。全員参加の学期留学を中核としたグローバル教育プログラムは、生徒たちの心の成長と進学実績をより向上させるはずだ。

※「英語4技能」……読む、聞く、話す、書くの四つの技能


[PR]

DOLトップへ

学校データ

東京成徳大学中学・高等学校(中高一貫部)

最寄駅
JR京浜東北線「東十条」、東京メトロ南北線「王子神谷」、JR京浜東北線「王子」より都バス「千住車庫」行き「王子五丁目」下車

所在地
〒114-8526
東京都北区豊島8-26-9

TEL
03-3911-7109

URL
http://www.tokyoseitoku.jp/js/

中高一貫校・高校 本当に子どもの力を伸ばす学校 特設サイトへ


DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧