「消防隊長」の異名を取る王岐山副主席7月9日、米中貿易摩擦が激化したというのに、中国の汚職対策や国内金融問題への対応で中心的な役割を果たし、「消防隊長」の異名を取る王岐山副主席(写真)の影が薄い。2015年北京で撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

[北京 9日 ロイター] - 米中貿易摩擦が激化したというのに、中国の汚職対策や国内金融問題への対応で中心的な役割を果たし、「消防隊長」の異名を取る王岐山副主席の影が薄い。

 王氏は副首相時代に米中戦略経済対話の中国側代表も務め、副主席への抜擢はトランプ米大統領対応の中核を担うためと外交筋は受け止めていた。それだけに米中貿易摩擦問題で王氏に表立った動きがみられないのは奇異なことだ。

 王氏は3月の副主席指名前にはテリー・ブランスタッド駐中国米大使やスティーブ・バノン前首席戦略官らと会談していた。米業界筋によると、この数ヵ月間には複数の米企業幹部とも秘密裏に懇談している。

 しかし表舞台に表れる機会は少なく、最近では5月に北京で米企業幹部と会談し、5月末にロシアの会合に参加した程度にすぎない。王氏にまつわる報道自体も先々週にバングラデシュの外相と会談したことが伝えられた程度だ。

 トランプ氏は習近平国家主席との友好的な関係をアピールし続けているが、王氏の影の薄さは米中関係にとって悪い兆候だとチャイナウォッチャーはみている。近い将来、米中貿易摩擦に打開の見通しがあるのなら、王氏はもっと大きな役割を担っているはずだという。