【文化学園大学杉並中学・ 高等学校】2018年度から共学化、 中学にもダブルディプロマ準備コースを開設

文化学園大学杉並中学・高等学校

2018年度から共学化、中学にもダブルディプロマ準備コースを開設

著者・コラム紹介

2018年度から男女共学校となった文大杉並。高校には、日本とカナダの両方の卒業資格が取れる「ダブルディプロマ(卒業資格)コース」が設置され、今春に第1期生が卒業した。世界に視点を向けたグローバル教育で、さらなる飛躍を目指している。

文化学園大学杉並中学・高等学校
齋藤圭介入試広報部長

 文大杉並の大きな特徴は、高校でダブルディプロマ(以下、「DD」)コースを擁していることだ。DDコースとは、簡単に言うと一つのキャンパスで二つの学校に在籍すること。つまり、このコースに入学すると、日本の「文化学園大学杉並高等学校」と、カナダ・BC(ブリティッシュ・コロンビア)州海外校の「Bunka Suginami Canadian International School(BSCIS)」の両方の学校に在籍することになる。日本のカリキュラムと同時進行でBC州教員による授業が行われるため、東京・杉並で「欧米型授業」を受けられるのだ。

 「DDの魅力は、日本の中等教育を欠かすことなく、本格的に英語で学ぶ機会を持てること。カナダ・BC州と日本の両方のディプロマを取得できるため、卒業後は日本を含めて世界中の大学への進学という道が開かれるのです」

 そう説明するのは、入試広報部長の齋藤圭介教諭だ。

 DDコースには、BC州から派遣された5人のネイティブ教員が、カナダの教科書を使用してカナダの公教育を実施する。カナダのカリキュラムはオールイングリッシュで行われ、欧米流の討論中心の主体的な学びが実践される。

 国際部主任で英語科の窪田淳教諭は、DDDコースの優れている点についてこう語る。

 「通常の1年の長期留学と違って、実質的な“留学期間”が高校の3年間に及ぶことです。卒業まで英語力を落とすことなく、継続して確実に学力を伸ばすことができるという特徴があります」

中学にも「ダブルディプロマ準備コース」を開設

DDコースの生徒は入学前3日間のキャンプに参加し、「英語のみの授業」ということと「チームワークで限界を突破できる」ことを実感し、ポジティブ・マインドセットで入学式に臨む

 DDコースの第1期生は今春に卒業、ほぼ全ての生徒が高校3年9月時点で英検準1級レベルの英語力を獲得し、カナダやオランダなどの海外大学や、国際基督教大学(ICU)や早稲田大学国際教養学部などへの進学を決めた。ちなみに国内ではDDを持つため“国外生”や“帰国生”として受験できる大学もある。

 文大杉並では、2018年度から、DDの準備コースの中学開設に合わせて、女子校から共学化に踏み切っている。「男子生徒の保護者から、DDコースへの問い合わせの件数が多かったのも、共学化をした一つの要因」と語る齋藤教諭。今年度から中高一貫校のメリットを生かし、中学2、3年に費用のかからない「ダブルディプロマ準備コース」を開設した。BC州教員による英語の授業を実施して、高校からのDDコースに備えるためだ。

 今年度のDDコースの入学者は44人、そのうち帰国生は4人だけ。英語に意欲がある国内の生徒たちが多数入学している。同校のスローガンは「CHANGE and GROW」。DDコースの設置と男子が加わったことで、校内にはたくさんの刺激が生まれ、活気があふれている。新たな出会いが新たな価値を生む、好循環のサイクルが始まっている。


[PR]

DOLトップへ

学校データ

文化学園大学杉並中学・高等学校

最寄駅
JR中央線「阿佐ケ谷」「荻窪」、東京メトロ丸ノ内線「南阿佐ケ谷」

所在地
〒166‐0004 
東京都杉並区阿佐谷南3-48-16

TEL
03-3392-6636

URL
https://bunsugi.jp/

中高一貫校・高校 本当に子どもの力を伸ばす学校 特設サイトへ


DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧