【横浜女学院中学校 高等学校】英語を学ぶのではなく、“英語で考える” 「CLIL(クリル)」を導入、教育改革を促進する

横浜女学院中学校 高等学校

英語を学ぶのではなく、“英語で考える”「CLIL(クリル)」を導入、教育改革を促進する

著者・コラム紹介

「愛と誠」を校訓に、プロテスタントのキリスト教を軸に人間教育を行っている横浜女学院。2018年度に大きな教育改革を行い「国際教養クラス」「アカデミークラス」の新クラス制度を導入、ESD(※)や先駆的なCLILの取り組みを始めている。

横浜女学院中学校
高等学校
平間宏一校長

 その授業では、教員の指示は全て英語である。生徒たちは最初に2人ずつ対になり、1枚の異文化の写真について相手に英語で説明をする。選ばれた生徒は、全員の前で英語で発表。教員が講評をし、軽いジョークを入れると、生徒たちは笑う。それが終わると机を動かしてグループをつくり、与えられたテーマについて意見交換が始まる。

 生徒たちはごく自然に英語で会話をし、教員の英語に反応する。横浜女学院で行われている“内容言語統合型学習”「CLIL(Content and Language Integrated Learning)」の授業のワンシーンだ。

 「CLILとは、教科と英語の学習を組み合わせたもので、英語4技能(※※)に“考える力”を加えた英語5 技能を伸ばし、実在する国際問題について英語でディスカッションできることを目的としています。生徒たちは授業中、自分が興味と関心を持つテーマについて、日本語に翻訳することなく“英語で考えて”発言します」 

 そう説明するのは、他校に先駆けてCLILを導入した平間宏一校長だ。

持続的な発展に貢献できる女性の育成を目指す

教科と英語の学習を組み合わせたCLILの授業中に英語でグループディスカッションをする生徒たち(高1)

 横浜女学院はSGH(※※※)アソシエイト指定校として、ESD(持続可能な開発のための教育)の六つの力の獲得を教育目標に設定している。その力とは、「持続可能な社会を創る価値観」「コミュニケーション能力」「リーダーシップ」「データを読む力」「代替案の思考力」「総合的な思考力」。同校ではCLILの授業を通して“英語”でそれらを学ばせ、グローバル社会における、持続的な発展に貢献できる女性の育成を目指しているのだ。

 CLILの授業を効果的に行うためには、基本的な学力が必要になる。そのため週6日制を導入、平日は7時限まで授業時間を確保。大学生チューターによる放課後の学習フォロー体制や、自学自習の習慣を付ける「勉強クラブ」なども整備している。

 特徴的なのは第2外国語(ドイツ語・スペイン語・中国語)の授業があること。言語を学ぶことは、その国の歴史や文化を理解することであり、生徒たちの興味や関心をより広げる狙いがある。また留学制度も多彩に用意、ニュージーランドへの中期留学(6〜24週間)をはじめ、今年度からは米国のカリフォルニア・バプテスト大学で、語学に特化したESL(第2外国語としての英語)の授業を受講するプログラムもスタートした。

 「思春期の生徒たちの心身の成長を促すためは、良質なコミュニケーションと刺激が必要で、それらを与えるのが本校の役割だと考えています。折れない心をつくるというより、柳のようにしなるレジリエンス(復元力)を身に付けてほしい」と平間校長。部活動への加入率も高く(117%)、生徒たちは人間関係でもまれながら成長してゆく。意欲的な教育改革が進む中で、生徒が力を発揮する環境が着々と整えられている。

※「ESD」…Education for Sustainable Development  
※※「英語4技能」…読む、聞く、話す、書くの四つの技能
※※※「SGH」…スーパーグローバルハイスクール


[PR]

DOLトップへ

学校データ

横浜女学院中学校 高等学校

最寄駅
JR根岸線「石川町」、横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町」

所在地
〒231-8661
神奈川県横浜市中区山手町203

TEL
045-641-3284

URL
https://www.yjg.y-gakuin.ed.jp/

中高一貫校・高校 本当に子どもの力を伸ばす学校 特設サイトへ


DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧