【三輪田学園中学校・高等学校】柔軟に対応できる力、 他者とつながる力を育成する

三輪田学園中学校・高等学校

柔軟に対応できる力、他者とつながる力を育成する

著者・コラム紹介

昨年創立130周年を迎えた三輪田学園。伝統の読書教育で知られるが、学園の新しいロゴやキャラクターも発表され、女性の力強さが強調されるようになった。「徳才兼備の女性の育成」を教育理念に、外の世界へ積極的に踏み出し、より活発な学校へと変身している。

三輪田学園中学校・高等学校
吉田珠美校長

 「中学・高校の6年間は、予測できない未来に立ち向かうための、大切な準備期間だと考えています。多様化が進むこれからの社会で必要となるのは、他者との関わりの中で柔軟に対応できる力、他者とつながる力です。スペシャリストでありながら、他者を尊重し、人の輪の中で生きるゼネラリストであること。それが三輪田の目指す徳才兼備の女性です」

 そう語るのは、自らが三輪田の卒業生である吉田珠美校長だ。

 具体的には生徒に身に付けてもらいたい力を“ライフスキル”として「5つのチカラ」に集約している。まずは「世界に興味関心を持ち、学び続ける力」と「問題を解決する論理的思考力」である。学び続ける力を強化するため、今年度から中1から高1まで一人一台のiPadを導入。オンライン英会話など授業での活用に加え、音読を含めた宿題のやりとりもiPad上で可能になった。

 論理的思考力を育むために定着しているのは、同校で40年以上続く読書指導である。「読書の三輪田」と称されるほど、読書教育には伝統と自信を持っている。「1冊読み終わるごとに提出するノートは、教員が丁寧に添削し、読解力や表現力を育てます。中1からビブリオバトルに取り組むなど、三輪田の読書指導はただ読むだけではなく、アウトプットを重視しているのが特徴です」と吉田校長。いずれ読書のアウトプットの部分で、iPadを活用することも検討しているという。

高大連携プログラムなどで生徒たちは積極的に外へ

法政大学との高大連携プログラム「外濠市民塾」。地域の景観保護活動に関わり、ボートに乗って外濠の水質調査にも加わった

 5つのチカラの残りは、「リーダーシップとフォロワーシップ」「対話する力と共感する力」「確かな職業観に基づく人生設計力」だ。あるときはリーダーとして、あるときはフォロワーとして柔軟に活躍できる場があるのは女子校ならではの利点だ。ライフスキルを育てる道徳の時間では、グループワーク、グループエンカウンター(※)を通して対話と共感する力を養う。そして進路指導では、未来選択のプログラムが多数用意されている。

 隣接する法政大学との高大連携プログラムでは、希望する生徒たちが数年前から「外濠市民塾」に参加。環境保全や歴史探訪、防災などをテーマに外濠の未来像を模索している。同校では数年前から、生徒が積極的に“外に出る”ことを奨励、そのため模擬国連など、他校との交流や研修に積極的に参加する生徒が増えてきた。

 「かつては、少し引っ込み思案のところもありましたが、最近は声を掛けると参加したい生徒がすぐ集まります。他者と“つながる”ためには外部との交流が必要で、生徒たちの意識はここ数年で大きく変わりました」と吉田校長。今年度から、中1に学習習慣を付けさせるため、部活のない日は指導者付きの「放課後学習」を義務付けるなど、きめの細かい指導も欠かさない。親が安心して6年間、娘を預けられる環境が整っている。

※「グループエンカウンター」…グループ内で本音を出し合い、それを互いに認め合う体験


DOLトップへ

学校データ

三輪田学園中学校・高等学校

最寄駅
JR中央線・総武線「市ケ谷」「飯田橋」、東京メトロ有楽町線・新宿線・南北線「市ケ谷」、東京メトロ有楽町線・南北線・東西線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋」、東京メトロ半蔵門線・東西線「九段下」

所在地
〒102-0073
東京都千代田区九段北3-3-15

TEL
03-3263-7801

URL
http://www.miwada.ac.jp/

中高一貫校・高校 本当に子どもの力を伸ばす学校 特設サイトへ


DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧