【東京農業大学第一高等学校・中等部】「知耕実学」を理念として、 実学をベースにした学びを展開する

東京農業大学第一高等学校・中等部

「知耕実学」を理念として、実学をベースにした学びを展開する

著者・コラム紹介

本物に触れる実学をベースにした学びは、東京農業大学の伝統である。その付属校である農大一中・一高でも「知耕実学」を理念として、大学と連携しながら数多くの実験や実習を実施。国公立大学への進学が多い進学校としても知られている。

東京農業大学第一高等学校・中等部
田中越郎校長

 「本校の理念は『知耕実学』です。これは実学で自分の『知』を耕し、深めてほしいという願いが込められています。『耕(たがやす)』という字は『柔らかく』、そして『深く』という二つの意味を持っています。本物に触れ、自分で物事を体験し、自ら考えて答えを導き出すのが実学教育であり、“理論から実践”“実践から理論”を繰り返す機会を多く用意しています」

 田中越郎校長は、同校の理念をそう説明する。

 例えば理科の知耕実学。中学1、2年は授業のうち半分以上は実験・観察を行うが、教科書に載っている実験の再現だけではなく、テーマ設定から実験方法までを生徒が考える。そのため、班ごとに試行錯誤の道筋は異なるが「なぜ?」と問う探究心が身に付く。公式を自ら導き出す主体的な学習によって、分析力や思考力が磨かれ、本質を理解できるようになるのだ。また普段の授業の応用実践として、大豆の栽培や東京農業大学と連携して行う新米と古米の違いを分析する「お米の科学」、厚木にある3000平方メートルの農場で行う本格的な稲作など、同校ならではのプログラムも数多く用意されている。

予測不可能な出来事に対処する能力を育む

本物に触れる機会を多く持つのが農大一中高の特徴。中学3年の北海道修学旅行では農作物の収穫も体験する

 同校では学校行事の中でも本物に触れる機会を多く持つ。例えば中学3年の北海道修学旅行は3泊4日で網走や知床を訪れ、夜間に野生動物を観察するツアーや、ジャガイモやトウモロコシなどの農産物の収穫、新巻き鮭を作るなど農業、漁業、植林などの体験学習を行う。こうしたこともまた実学の一部だ。

 「特に自然の中では、人間の英知を超えたことがたびたび起こります。予測できない自然の脅威から身を守るには、仲間同士でグループをつくり、コミュニケーションを取りながら“生き延びてゆく”必要があります。つまり予測不可能なことに対処する力や、仲間と協力して物事を成し遂げる社会性が磨かれる。そこが実学の良いところなのです」と田中校長。

 実学はクラブ活動の中でも盛んで、昨年度は高校生物部の「尾瀬に生える針葉樹の一種コメツガの切株を利用した更新」という研究テーマが、近頃では中高合わせて約7万点の応募がある「日本学生科学賞」の第61回大会で、読売新聞社賞に輝いた。

 実学をベースにした学びは、自主性を育て、結果的に学力の向上につながる。もともと国公立大学への進学が多い同校だが、今春は国公立に62人(国立医学部・現役合格2人を含む)、早慶上理に124人という合格実績を出した。今年度からは、英語への取り組みをさらに強化。中学1年は夏休みに農大のキャンパスを借りて、大手英会話スクールの外国人講師が教える1週間の英語漬け「農大イングリッシュトレーニングキャンプ」を実施する。このように、同校では、実学と進学のための勉学をバランスよく配置しながら進学実績の向上を狙う。


[PR]

DOLトップへ

学校データ

東京農業大学第一高等学校・中等

最寄駅
小田急線「経堂」、東急世田谷線「上町」

所在地
156-0053
東京都世田谷区桜3-33-1

TEL
03-3425-4481(代表)

URL
http://www.nodai-1-h.ed.jp/

中高一貫校・高校 本当に子どもの力を伸ばす学校 特設サイトへ


DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧