【啓明学園中学校高等学校】国際色の豊さが特徴、学園生活の中で世界に触れる環境がある

啓明学園中学校高等学校

国際色の豊さが特徴、
学園生活の中で世界に触れる環境がある

著者・コラム紹介

1940年、三井家総本家11代目・三井八郎右衛門の実弟・三井高維によって創立された啓明学園。英国留学を終えて帰国した三井高維氏が、私邸を開放したのが始まりだ。その伝統の中で、世界とつながる国際性豊かな教育環境を整えている。

啓明学園中学校高等学校
北原都美子理事長・学園長啓明学園中学校高等学校 北原都美子理事長・学園長

 啓明学園の特徴は、何といっても国際色の豊かさにある。もともと1940年に帰国生の受け入れ校として創立された歴史があり、現在「国際生」の在籍率は中学35%、高校31%。同校における国際生とは、帰国生や国内インターナショナルスクール出身者、また外国籍生徒たちのことで、昨年末の時点で国際生の出身国・地域は、欧米やアジア、中南米やアフリカなどの40にも及ぶ。日常の生活の中で異文化を吸収できる環境にあるのだ。

 国際生が所属するのは「国際学級」で、国語・数学・理科・社会で取り出し授業を実施、英語はネイティブ教員が欧米の教材を使用して習熟度別授業を行っている。

 国際生と一般生のHRは同じで、校内で両者が関わる機会は多い。「国際生と、日本で育った一般生が日常生活や行事で関わり合うことによって、さまざまな価値観が共有され、視野が広がります。世界とつながる啓明学園の根幹はここにあります」。そう語るのは、北原都美子理事長・学園長だ。

「思考力(Thinking)」を
加えた英語5技能を育む

 啓明学園が展開するグローバル教育の中心となるのは、教科横断型学習である「グローバルスタディーズ(GS)」。中3から始まり、高校では必須の単位として行われるGSは、世界の諸問題についてテーマを設定、課題解決に向けてグループワークを行い、成果報告書にまとめて外部にも発信する。

 英語教育については、英語4技能だけでなく「思考力(Thinking)」を加えた五つの能力をバランスよく育むことを目指している。英語で思考し英語で発信することで、異文化に対する理解を深め、グローバル社会で活躍する人材を育成するためだ。

 世界を体験するプログラムとしては、中学2年以上の生徒を対象に、原則年2回の海外体験学習(1~2週間)を実施、中学で3カ月、高校では姉妹校との1年間の交換留学制度もある。この他「グローバルチャレンジ」として、英語・外国語スピーチコンテストが開催される。昨年からは多言語によるスピーチも始まった。「昨年度は英語に加えて、スペイン語、コリア語、中国語、ヒンディー語、ロシア語、ポーランド語、アラビア語によるスピーチが発表されました。多言語で行うのは、国際生に出身国の誇りを持ち、世界で活躍してもらいたいという思いがあるからです」と北原理事長。

 2018年度の卒業生は108人で、進路先は外国語・国際系が33%と多く、海外大学を含め国立大や早慶上理、ICUなどMARCH以上の上位大学に4割以上が進学している。

 東京・昭島市の自然に恵まれた環境の中で、生徒たちは伸び伸びと学園生活を送っている。世界の多様な言語が飛び交う学園内には、「世界を心に入れた人を育てる」という啓明学園の理念が息づいている。

40の国・地域にも及ぶ国際生が所属する「国際学級」。英語はネイティブ教員が欧米の教材を使用して習熟度別授業を行っている40の国・地域にも及ぶ国際生が所属する「国際学級」。英語はネイティブ教員が欧米の教材を使用して習熟度別授業を行っている

[PR]

DOLトップへ

学校データ

啓明学園中学校高等学校

最寄駅
JR中央線「八王子」、京王線「京王八王子」、
JR・西武拝島線「拝島」よりいずれもスクールバス
JR中央線「立川」、多摩都市モノレール「立川北」より
いずれも路線バス

所在地
〒196-0002
東京都昭島市拝島町5-11-15

TEL
042-541-1003

URL
http://www.keimei.ac.jp/

中高一貫校・高校 本当に子どもの力を伸ばす学校 特設サイトへ


DOL plus

「DOL plus」

⇒バックナンバー一覧