ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

企業がイノベーションで成功するためには
「5つの準備」が必要だ

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第82回】 2018年7月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

5つの分野で進める環境整備

 ITRでは、デジタルイノベーションの推進において必要となる企業内部の変革を意識、組織、制度、権限、人材の5つの分野で整理している(本連載第78回「リーダーはデジタル変革の“最初の一押し”をどう支援するか」)。

 また、それぞれにおいて前述の成熟度を当てはめて、段階的にレベルアップしていくことを推奨している。以下に5つの分野における変革のポイントとステップアップの方策について述べる。

意識:
最初に必要となるのが経営層、事業部門、IT部門などにおける危機感や変革意識であり、これが企業全体の変革への姿勢の基となる(図2)。初期段階では、社内のごく少数が変革の重要性を認識するところから始まり、その輪を徐々に広げ、全社的な意識改革につなげていくことが求められる。レベルアップに向けた具体的な方策としては、啓発的な社内セミナーの開催、イノベーションへの取組みへの小さな成功体験(クイックウィン)の社内アピール、他の4つの分野における変革状況の周知などが挙げられ、これらの地道な活動の積み重ねとなる。個人の意識は、自覚するか否かを問わず企業風土や組織文化を反映するものであるため、全社に浸透し、定着するまでには、継続的な活動が求められる。最終的には、変わり続けることが組織文化といえるほど浸透しており、誰もが意識することなく企業活動の中核にイノベーションが位置付けられている状態を目指す。

次のページ>> 組織と制度の変革
previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧