ZAi ONLINE SPECIAL SITE
ZOL plus
2018年8月27日

東洋証券中国株のパイオニア!現地スタッフが直接企業取材
業界屈指のリサーチ力を生かし
深センA株22銘柄を厳選!

1

中国株のパイオニア、東洋証券が有望銘柄発掘に力を注ぐ「深センA株市場」。業界屈指の中国株リサーチ力を駆使し、ニューエコノミーの波に乗る22銘柄を厳選している。

産業構造の変化を捉え
成長銘柄を見極める

お話を聞いたのは…
東洋証券
投資調査部 古谷優佳さん

 これからの中国株投資の秘訣とは何か。投資調査部の古谷さんはこうアドバイスする。

 「中国では今、ニューエコノミーが芽生え始め、ネット通販・AI(人工知能)・ロボットといった新興産業が拡大しつつあります。こうした産業構造の変化を捉え、成長企業をしっかりと見極めることが重要です」

 そのニューエコノミー分野の企業が数多く上場しているのが「深センA株市場」だ。国家認定のハイテク企業が72%、戦略的新興産業に属する企業が38%、売上高R&D比率が5%以上の企業が30%を占める。「調査の結果、これから飛躍的な成長が期待できる企業が数多く見つかっています」と古谷さん。現在、外国人投資家が取引できる深センA株は863銘柄あるが、同社では取扱い銘柄を22銘柄に絞り込んでいる。

 「東京の調査部に加え、上海に駐在員事務所、香港に現地法人を置き、業界屈指の中国株リサーチ体制を構築しているのが当社の最大の特徴です。この強みを生かして有望銘柄を厳選しました」

 下で、その22銘柄を紹介する。

>>次ページ:独自のレポートが投資家に大好評!

なぜ今深セン銘柄が熱いのか
東洋証券が取り扱う22の銘柄

>>次ページ:独自のレポートが投資家に大好評!

口座開設はこちらから

外国証券は、日本国内の取引所に上場されている銘柄や日本国内で募集または売出しがあった銘柄等の場合を除き、日本国の金融商品取引法に基づく企業内容等の開示が行われておりません。
外国株式等の売買取引には、売買金額(現地における約定代金に現地委託手数料と税金等を買いの場合には加え、売りの場合には差し引いた額)に対して最大0.8640%(税込み)の国内取次ぎ手数料をいただきます。外国の金融商品市場等における現地手数料や税金等は、その時々の市場状況、現地情勢等に応じて決定されますので、本紙面上にその金額等をあらかじめ記載することはできません。外国株式は、株価の変動および為替相場の変動等により、元本の損失が生じるおそれがあります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、契約締結前交付書面や目論見書またはお客さま向け資料等をよくお読みください。

東洋証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第121号
加入協会:日本証券業協会 一般社団法人第二種金融商品取引業協会

[PR]

東洋証券株式会社

住所:
〒104-8678
東京都中央区八丁堀4-7-1

電話番号:
03-5117-1362
受付時間:平日8時30分~17時